忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「また声を上げたね もう許してはあげないよ」 男性はそのまま両脚の間に膝を差し入れるのです
「んん・・ん」 激しく首を振りながら わたくしはなんとか太ももを閉じ合わせようといたしました
「ふふ いいんだよ 祥子の嫌という声さえまるで蜜に濡れているような気がする もっと聞かせなさい 僕がお仕置きをする楽しみが増えるだけだからね」 抗いの声すら・・・もう上げることはできませんでした 
わたくしの声が・・・たとえすすり泣くように抗う声でさえ男性の劣情をそそるものだとは その時まで思ってもいなかったのです

 
「ん・・っく」 筆は男性の膝で割られたわたくしの濡れた太ももをなぞります
「ストッキングの上端まで湿らせて 本当に祥子は淫らな女だ」 書道の筆ならではの獣毛のこしが・・内股の白い肌をやんわりと押すのです
「だんだん滑りがわるくなるね 祥子 蜜が筆に絡み付くよ」 男性のわたくしを嘲る言葉さえ 後ろ手に回され突き出す様にそらされた乳房を嬲るようです
「・・・っっっくぅ」 180センチちかい身長の男性の視線は 快感に身体をひくつかせるたびに揺れる白い乳房と その先端の鴇色の乳首を舐めるように這っておりました
「強情だね 祥子は」 右手の筆がぬめる内股を 左手が揺れる乳首を同時に佩くのです
「・・・っぅんん」 ぎしっ・・・大きく戦く身体に手首を縛める金具と木肌のままの柱が違和感のあるきしみを上げるのです
「あんなに感じやすい身体をして こんなに濡らして でも声を抑えるなんてこの後のキスは君の血の味さえ楽しめそうだね 祥子」 そう言いながら男性は太ももの筆をTバックごしにわたくしの真珠に這わせたのです
「んくっ・・・」 どれだけきつく下唇を噛み締めてもはしたない身体を突き抜けるおののきは和らいではくれませんでした

 
「祥子 素直に声をあげなさい」 わたくしの耳元で男性が囁きます
あんな・・・玩具で花びらの奥まで犯されるなんて ましてアナルまで・・・
涙に潤む瞳で男性を見上げながら言葉もなくわたくしは首を横に振りました
さらさらと男性の胸元をわたくしの黒髪が打ってゆきます
「もう一度言うよ 祥子 素直にならないのかい?」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]