忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャ・・キ・・ 繊細で高価なブラの左の肩紐が切られました
シャキッ・・・ そして・・・右も
「仕方ないね ランジェリーを取らせてもらうよ もちろん替わりのものは用意している 安心しなさい」 そう言って男性は背中のホックを外したのです
はら・・り・・・ シームストッキングの足元に繊細なレースで創り込まれたハーフカップの黒のブラが落ちました
たゆん・・・ 支えを解かれたGカップの縄目を紅く浮かせた乳房は はしたなく揺れてしまいます
「・・んぁあん・・」 揺れに合わせる様に両の乳首の上を走る筆の感触にわたくしは淫らな声を出してしまいました
「ふふ その声が聞きたかったんだよ 祥子 この高価なランジェリーさえお前の声の価値と比べたら足元にも及びはしない」 ちゅっ・・・戯れのように朱をはいたわたくしの頬に軽い口づけをするのです
「もう・・・許して・くだ・さ・い」 あまりの感触にわたくしは哀願の言葉を口にしてしまいました
「いまの言葉は外しておいてあげよう あと10分だ 耐えられるだろう 祥子」 今度はブラに覆われていた下乳のあたりを筆の中程から先だけで煽るのです
「ん・・・はぁ・・・」
「そうだ 誇り高い君のその快楽に抗う切ない顔が僕を余計に昂らせるんだ」 背けた顔をその手で引き戻して強引に唇を貪るのです
「ここまでしてまだ堕ちないのか 祥子」 右の乳房の下辺から腹部を通ってTバックの上端までを一気に撫でるのです
「・・っく・・ん」 血が滲むほどに・・唇を噛み締めねばなりませんでした
「こうしたら どうかな?」 解き放たれた二つの乳首を2本の筆が同時に襲うのです
「あぁぁぁぁ・・だめ・・ぇぇ」 糸を引くような細い喘ぎが・・・わたくしの唇から溢れてしまったのです
「敏感だね こんなに大きいのに祥子の乳首は」 乳輪からきっちり2センチ外側をくるり・・と筆が這うのです
「ん・・・くん・・んんんん」
「まだ耐えるんだね 祥子 困った子だ 仕方ないね」
「あん・・・やめ・・て」
そういうと私の肩を抱くかの様に立ち・寄り添っていた男は その脚で・・・しっかりと閉じ合わされていたシームストッキングに覆われたわたくしの脚を・・・・肩幅まで開かせておしまいになったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]