忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ふふ もう一度だよ 祥子」 男性の視線をさけるように背けていた顔を顎を掴まれて上向けられてしまいました 
「今夜はいままで男の手だけしかしらなかった祥子に新しい喜びをあげるよ」痛みと快感で涙の滴を溜めたわたくしの瞳を覗き込み 満足そうに語りかけます
「これだけ逝き狂っているのに瞳は高貴なままとはたいしたものだ あの時も言ったがほんとうに囚われの女王だね」 あぁん・・とって・・いたぃのぉ・・・はぁあん
「だめだよ 窓枠まで愛液で濡らしながら何を言ってるんだい 祥子 痛みにさえ感じるMのくせに」 いやぁ・・・そんなこと・・いわないで・・・はぁぁん・・だめぇ・・
「ほんとうに玩具ははじめてなのか? オナニーでも使わないのかい?」 はじめ・・てですぅ・・はぁぁ・・ん オナニーなんて・・あん・・つかいませ・・ん・・
「この淫乱な身体じゃ男が放っておかないか 祥子を抱きたいという男に不自由したことなどないのだろうな どうだ 祥子 答えなさい」 あぁぁ・・そんなこと・・なぁ・い・・ですぅぅ
「吸い付く白い肌はさぞかし男達の精液が塗り込められているんだろうな 清楚な風情なのに微笑むだけで劣情を誘う女 その肌を思うがままにしたくなる」 いやぁぁぁ・・ゆるしてぇぇ・・はぁあぁぁん
「それとも男の唇か? 今夜はキスマークはついてないな祥子 どうした 男に抱かれていないとはいわせないぞ こんな熟した身体を甘い薫りで満たしていて」 あぁぁん・・・だめぇぇ・・・
「ここか ふふ もっと押し付けたくて腰が勝手に動いているぞ 祥子 なんていやらしいんだ」 ゆるしてぇぇぇ・・・いわない・・で・・あはぁん・・・
「ほら こうか せっかくのプレゼントがぐしょぐしょだよ 祥子の蜜でレースが光って見えるぞ こんなパンティで帰るつもりか? この前の時みたいに ははは」 やぁぁぁ・・・・男性は知らないはずの・・蝉時雨の夜の帰りの地下鉄での陵辱を・・・思い起こさせるのです
「こんなに食い込ませて ふふ また溢れさせたね 白く濁った愛液だよ 祥子」 くぃ・・くぃっとリズムを変えてTバックをあやつります
「ゆるして・・・いきます・・ごしゅじ・・んさまぁ・・いかせ・・て・・」 わたくしの声に縄に挟み込んだコントロールボックスのスイッチを男性は最強に引き上げたのです
「はぁぁあああああ・・ん・んんぁぁあ」 急に強まった振動は花びらの奥から・・真珠の芯から・・・わたくしの身体をいままでにない高みへ押し上げてゆきます
「祥子 いけ!」 バシッ!!・・・・バラ鞭を一閃 引き絞られ鈴付きのクリップを付けられた白いGカップの乳房に打ち下ろしたのです
「ひいっ・・くっ・・・ああぁああ・・・」 右のクリップを鞭で飛ばされ紅い鞭後を白い肌に残しながら・・・わたくしはとてつもない絶頂を極めてしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]