忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「祥子 その窓のところに座りなさい」 美しい庭の景色に見とれていたわたくしに男性が命じます
両手を縛められることがこれほど身体のバランスを崩すとは思ってもおりませんでした 縛られた姿のままゆっくり窓辺に向かいました 
腰を下ろしたわたくしの前に 男性はまた1本の赤い縄を持ってまいりました
「あうっ・・」 すでに捌かれ1/2に折られた縄の輪をわたくしの首に掛け一方を乳房を上下に縛めた縄に通すと・・・ぎゅっとひと結びいたしました
引き絞られた赤い縄は まぁるい膨らみのあるわたくしの白い乳房をいびつに歪め 一層張り出させるのです
「・・ぁくっ・・・」 右に振った縄の端は張り出した乳房の上を通り脇の下を通され 手すりの縦桟に回されたのです そのまま体前・後の胸上の縄を引き絞るようにひと結びされまた手すりの縦桟へ そして胸下の縄も同様にして縄端を止めるのです
「・・んくっ・・・」 左の縄も同じようにされました わたくしの上半身は飾り窓の手すりにとめつけられ 身体を横切る縄はいっそうきつく・・・白い肌に食い込んだのです
「祥子 脚を窓枠まで引き上げるんだ 早く」 男性の声に黒のシームストッキングの脚を揃えて・・・膝を抱えるように窓枠の所まで引き上げたのです
座卓を振り返った男性はもう1本の赤い縄を手に取り・・・捌きながらわたくしの姿を眺めやっておりました
膝上の黒のタイトスカートに包まれた太ももを絞り上げられた白い乳房に引き寄せガーターで吊られた黒のシームストッキングのふくらはぎを足先を揃えて前に垂らしているのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]