忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「そうだ 祥子 僕の質問には素直に答えるんだ 無意味に待たされるのは不愉快だ その時はこうしてお仕置きをするからな」 
立ったままで後ろ手に縛られ 着衣の上から乳房の上下に縄をかけられてブラウスとハーフカップの黒のレースのブラをはしたなく乱されたわたくしの肩を左手で引き寄せ 右手で顔を仰向けると涙を溜めた瞼を一瞥して 唇を重ねたのです
「あふん・・・んくっ・・ぁはぁん」 2月ぶりなのに・・・最初からわたくしの淫らな疼きを誘うように・・はげしく舌を絡めやわらかな唇を貪るのです 
くちゅ・・・ 男性は満足したのでしょう 2人の唇の間に唾液の光る糸を引いて一方的に口づけを止めました
はしたないことにわたくしの舌は彼の唇を求めて・・・差し出されたままで・・髪を引かれ引きはがされたのです

 
「祥子 僕は快楽系のSだ 決してあなたに苦痛を与えたいわけじゃない 素直に命令に従えば今まで味わったことのないような快楽を与えてあげよう」
男性の右手はわたくしのしなやかな黒髪のロングヘアを楽しむように弄んでいたと思うと 指に巻き付け・・・くいっと後にひいたのです
「わかったね 祥子」
「はい・・・ご主人様」 感じ過ぎる身体に与えられる痛みへの恐怖と理性さえ白く蕩けてしまうMの快感に わたくしはその言葉を素直に口にしてしまいました
 

男性は満足したように頷くと2・3歩あとずさり わたくしの姿を見つめました
そして入って来た襖を開けて玄関の明かりを付けると・・・わたくしたちのいた部屋の照明を最小まで落としたのです
たん・・・ 次に室内なのにどうしてそんなものがあるのだろうと思っていた腰高の障子を左右に引き開けました
そこは出窓のように50センチほど張り出して手すりが設けられておりました 障子の向こうには室内なのに玉砂利敷きの先に太い丸太柱を中心に植樹されている中庭が見えます
室内を暗くした分 中庭スペースを照らす間接照明が明るく窓越しに差し込んでおりました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
柏木様
そうしていただけるだけの
女でありたいと
常々思っておりますわ
11月12日 19:45
祥子 URL 2006/08/16(Wed)14:15:07 編集
無題
本当に大切な女性を抱くときは、
連れ込み宿のようなところではなく、
やはり可能な限り高級なホテルに
お連れするのがエチケットかなあとおもう柏木です。^^
11月11日 9:08
柏木 2006/08/16(Wed)14:14:45 編集
柏木様
柏木様の世界は・・・正に<快楽系S>の世界ですわね
ヴァンパイア氏の手管にはいつも
わたくしにこんなことが起きたらどうしようかと
どきどきしながら拝読しております

彼の嗜好を考えたら
所謂SMホテルと言われる場所に連れて行かれるのかと思ったのですが
ホテルではなく和風旅館の離れのような場所でした
ただ・・・後から彼に聞いたところによると
そういった嗜好の氏に愛用されている場所だったようですが
11月10日 6:58
祥子 URL 2006/08/16(Wed)14:14:26 編集
無題
>「祥子 僕は快楽系のSだ 決してあなたに苦痛を与えたいわけじゃない 
>素直に命令に従えば今まで味わったことのないような快楽を与えてあげよう」
ここがツボでした。^^
私の世界もちょっとそういうところがあるかなあ、なんて思ってしまいました。^^;
手前味噌な感想で、すみませぬ。^^;;;

あと、舞台装置、いつもながら趣向を感じます。
小ぎれいで、凝っていて・・・^^
柏木 2006/08/16(Wed)14:14:03 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]