忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

車が減速するのが自らのはしたなさに耐えられなくて・・・瞳を伏せた身体にも伝わります
「おね・・が・い・・ですぅ・・・ご主人さまぁ」 車が停まりました
「いきなさい 祥子」 真珠の下部の花びらの蜜を掻きあげる様にぬめりを広げおもうがままに激しく指を動かすのです
「あぁっ・・・いくぅぅっ・・・」 わたくしが達すると同時に助手席側のパワーウインドを下げたのです 隣のBMWの運転席の窓が開いているのを知っていて
「右をごらん 祥子」 理性まで白く霞むような絶頂に漂いながら瞼を上げたわたくしの視線の先には BMWの運転席にいる40代の男性の好色な視線がありました
 
「いやぁ・・ん・・・」 反射的に顔を背け、運転席の男性を見つめます 彼の指はまだわたくしの真珠の上におりました
「祥子のいやらしい声が聞こえたんだろう フェロモンまで届いたかもしれない」 信号が変わったのにあわせて車を発信させながらそう続けるのです
「ゆるして・・くださ・い・・」 立て続けの快感に胸を喘がせながらやっとそれだけをつぶやきました
「その表情だ ランジェリーをこんなに濡らすほど何度も達して なのにまだ聖女のように眉をひそめてみせる」 また・・わたくしを・・・あんなに達した身体を・・嬲りはじめるのです
「BMWの男がどんなに祥子を見つめても 指一本触れさせたりはさせないさ 愛欲に堕として淫らに何度でも哀願させる」 あぁ・・・また・・だめ・ぇ
「あなたは僕のS性をこんなに刺激する はじめてあなたを見たときからそう思ってたんです」 やめ・・て・・ゆるし・・て・・あぁ・・また・・ごしゅじんさまぁ
「いきなさい 祥子 いくんだ」
「あぁぁ・・・・いきますぅぅ」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]