忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どのような道をどう辿ったのか・・・どのくらいの時間走っていたのかさえわたくしにはわからなくなっておりました
ただ、男性の言う通り車の中で10回ほどは達せられたでしょうか
いつ窓を全開にされるかと恐れ 声を抑えたままでも喉がからからになるほどに喘がされたようです

「祥子 そろそろ着くから身支度をしなさい」 男性の右手はその言葉と同時にようやくわたくしのはしたない場所から離れてゆきました
「・・・はい」 身を起こしランジェリーと捲り上げられていたスカートを整えようといたしました
ぺろっ・・・ 男性の舌音がするのです
「祥子の愛液でこんなに僕の指がふやけてしまったよ 美味しいよ 祥子」 右手の人差し指と中指を運転しながら男性の舌がねぶるのです
「やめて・・・ください」 あまりの恥ずかしさに思わず彼の右腕を抑えてしまいました
「ふふ こんなに車内を祥子のフェロモンで満たしておいて何を言うんだい 僕をこんなにしておいて」 右腕を抑えたつもりの左手をかえって押さえ込まれて男性の股間へ導かれてしまったのです そこはもう・・・熱く堅く・・昂っておりました
「僕の指をこんなにしたお仕置きをしなくちゃいけない 祥子 わかっているね」 大通りから民家の並ぶ一方通行の道を左手だけの運転で器用にクリアしてゆきます
「ゆる・・し・て」 わたくしは力なく答えることしかできませんでした
 
「さぁ ここだよ いつもの部屋があるといいが」 押さえ込まれていた左手を自由にすると同時に彼がそう口にしました
そこは生け垣に囲まれた・・・宿のようでした ただ、離れの様な平屋の建物が5つほど並びそれぞれに駐車スペースがあったのです
車を停めるなりこの宿の主なのでしょうか年配の男性が運転席の窓をノックします
彼は車を出てゆき 2分ほどたって戻ってまいりました
「さぁ 可愛がってあげるよ 祥子」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]