忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベッドの脇に立つ男性の視線が わたくしの身体を這い上がり・・・一点で止まります
「こんな邪魔なもの綺麗に剃り上げてしまいたいな」 わたくしの柔らかな狭間を覆う漆黒の茂みを男性の手が撫で上げます
「だめ・・・そんなこと」 男性が予告していた玩具の責めだけではなくこんな淫らな姿にまで吊られたのに それでも飽き足らずに・・・そんなことまで
「真っ白な身体にここだけ・・・無粋だとおもわないかい 祥子 僕だけのMなら他の男にその身体を晒せないようにつるつるに剃り上げて 僕だけが陰りのない真っ白な身体を鑑賞するんだ」 隠すことも太ももを合わせることで遮ることも出来ない男性の手は 大胆に・・・そして優しくぷっくりとした合わせ目をなぞるのです
「しないで・・・いや・・・」 剃毛をほのめかす男性の瞳に顕われた本気の光にわたくしは怯えました
「こんなに愛液をたっぷりと溜める狭間を毛一筋にすら遮れないようにして責める 想像するだけでたまらないよ 祥子」 くちゅ・・・ほんの少しだけ狭間に男性の指が潜り込みます
「いっ・・や・あぁん・・」 僅かな微睡みの時間に平静を取り戻した身体は 吊られ・視姦され・言葉責めにあうことでまたしても・・・はしたなく愛液を溢れさせていたのです
「ほら・・・また滴りそうだよ 祥子 どれだけ濡らしたらきみの花びらは蜜を止めるんだい」 花びらから抜いた指をわたくしの白い乳房になすりつけるのです
「また 薫りが濃くなっているね フェロモンに酔ってしまいそうだよ」 見せつける様に鼻先に指を近づけるのです
「このアンダーヘアがなければ祥子の下半身は愛液が溢れてぬるぬるになってしまうだろうに」
「だめ・・やめて・・・」 男性の声が真剣味を帯びるほどにわたくしは怯えを深くいたしました この方が口にしたらそれはいつか実現させるということを意味するからです
「言ったでしょう 祥子 剃毛は僕だけのモノになった証です いまのあなたに強制したりはしませんよ」 そう言いながらも手は愛液を含み始めた茂みを撫で続けているのです
「あなたの豊かな黒髪ならこの豊かなアンダーヘアは当たり前です 愛液で濡れ光って綺麗ですよ 祥子が僕だけのMになった時は容赦しませんけれど・・ね」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]