忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「だんだん抵抗が大きくなるな 祥子 そんなに締めたらだめだろう 奥までほしくないのかい? さぁ あと一息だ この大きさでも祥子の熟れた身体なら全部飲み込めるはずだ ほら」 くいっ・・・僅かに捻る様に押し込んでゆくのです
「あぁぁぁ・・・ん・・・お・っきぃぃ・・」 ずぅん・・・と一番奥に先端がぶつかりました
「ずっぽり埋まったな 思った通りだ どれ」
「あん・・・だ・め・・あぁぁん・・」 くちゃ・・くちゅ・・・男性が玩具を出し入れするのです 引き出すときは張り出したかりがわたくしの胎内を掻き出すように押し広げ押し入る時には襞奥の快楽のポイントさえ容赦なく嬲ってゆくのです
「ああ・・・はぁうぅ・・んんぁぁ」 真下に自重も加えて送り込まれる玩具はわたくしがもっとも弱い奥の壁を何度も何度も・・強く責めるのです 
「祥子 そんなに締めたら動かせないじゃないか ふふ あの時もこんな風に花びらをまといつかせて僕のものを締め付けたんだね」 
「いやぁぁ・・・みないで・ぇぇ・・」 胎内の圧倒的な存在感がわたしの思考を蕩けさせ玩具が出し入れされている秘部を男性に見られていることすら失念をしていました
吊られた両脚はすでに痺れ微かな痛みをもたらしてはいましたが わたくしは赤い縄に縋るようにして・・・玩具に犯される初めての感覚に耐えていました

 
「これだけでそんなに感じていたらこの後 身が持たないよ祥子 相変わらず敏感だね」 そして ずいと改めて奥まで玩具を差し入れたのです 花びらの奥深くだけでなく玩具は濡れて大きくふくらんだ真珠の上にまで覆いかぶさっておりました
「あうっ・・・はぁぁん・・・」 ひと際高い喘ぎ声を上げてしまいました
男性がスイッチを入れたのです  突然に玩具が胎内と真珠の上で全く違う動きをはじめました
「ぁあぁぁん・・・ぃゃあ・・」 うぃん・・うぃん・・・ただでさえ大きな玩具はうねるようにして花びらの奥をその太さ以上に押し広げてゆきます 
「んぁああ・・・」 びぃぃぃん・・・真珠の上の柔らかな感触はさきほどのプラスチックの小さな卵と同じ動きで でも舌のようなぬめっとした感覚のままで休むことなく責め立ててくるのです
「・・はぁぁん・・やぁぁ・・・」 うぃっ・・・
「そんなに締め付けたらだめじゃないか 祥子 困ったやつだ 力を緩めなさい 玩具が壊れるだろう」 男性の声に・・・わたくしは無意識に収縮させていた蜜壷の力を解きました
「・・あぁはぁぁん・・ゆるして・・」 うぃん・・・うぃん・・・ 何度も繰り返し呼び覚まされる快感はわたくしの胎内を男性に犯されているときと同じに蠢かせともすると玩具を押し出しそうになるのです ところが吊られた姿勢がそれを許してはくれません 僅かに浮き上がった玩具はその重みでまたわたくしの奥まで・・・潜り込んでしまうのです
「ふふ まだ半分くらいのパワーでしかないんだがな いいぞ何度いっても きちんと僕に許しを乞うてからならな」 男性は手の中にあったコントロールボックスをガーターベルトのウエストに挟み込みました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]