忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10 2006 / 02
「はぁぁん・・」 山崎さんの手の感触がわたくしの理性を少しづつ官能に白く曇らせてゆきます
「わかってるさ でもこうして祥子さんに許されないとこの柔らかさに触れられない厚みっていうのもいいだろ 腕を組んだくらいじゃ味わわせない こんなガードの厚さもたまにはいいものさ」 
思い思いに動く4本の手にわたくしの身体は翻弄されておりました
「狭い車の中でスリップは邪魔だと思ったから望月くんに出させなかっただけさ きちんと揃いのものは用意してありますからね 祥子さん」 石塚さんはわたくしの脚をまた膝の上に戻すと腰のラインとランジェリーに覆われた丸みを両手で味わうかのように撫で回していました
 
「そう言えば ストッキング姿の祥子さんも初めてですね」 そう言いながら山崎さんはわたくしの手を一旦脚とドアの狭間から自由にするとノースリーブのカットソーを脱がしてしまったのです
「あん・・・」 関越自動車道を高速で走る車の中でわたくしはハーフカップブラだけの上半身にされてしまったのです 両の手は自由を与えられることはなくそのまま引き上げるようにまた山崎さんの膝に押さえ込まれてしまいました
「それじゃ これも邪魔だな」 あと5センチほど・・・とまっていたファスナーを石塚さんは引き上げてしまったのです
「だめ・・っ・・・」 フロントオープンの革のスカートははらり・・・と落ち下半身までもとうとうランジェリーだけの姿にされてしまいました
「あぁ・・」「ん・・艶めかしいですね」 黒の光沢のあるストッキングに包まれたウエストから下を男性の眼に晒してしまったのです 透けるストッキングの素材は腰から脚にかけての丸みを実際の肉体の起伏以上に強調するのです
「いいだろ いつものガーターベルトの祥子さんは勿論素敵なんだがこういうのも似合うと思ってね」 
「祥子さんの白い肌には濃色のランジェリーが映えますね 綺麗です」
手だけではなく二人の視線さえわたくしを嬲るのです
 
「黒いストッキングに覆われた後姿も見たいですね」 山崎さんがつぶやきました
「そうだな 祥子さん起きてください」 車のドアと二人の男性の脚に抑えられていた両手・両脚を自由にすると・・・元の椅子に座った姿に戻されたのです
車のシートにランジェリーだけの姿で二人の男性に挟まれて普通に座る・・・そのことさえわたくしの羞恥を煽るのに充分すぎる状況でした
「今度はこちらです」 わたくしの上体は山崎さんの膝に俯せに倒されたのです
「あん・・・」 シートから落ちそうになる腰と脚を座席から下りた石塚さんが支えて・・・彼の座っていたところに膝をまげ・・・後向きにブーツを履いた膝から下を上げる様に横たえたのです
「ふふ・・いいな」 お二人の目の前にはランジェリーに覆われた白い尻肉の二つの盛り上がりが晒されたのです
ウエストまでを覆う黒のストッキングは張り切った腰の丸みを強調していたようです
ストッキングの縁から上にはミルクを溶かしたような白肌に・・・黒のロングヘアが絹糸のように広がっていました
「祥子さんの髪 好きなんですよ僕は」 初対面の時から石塚さんはわたくしの髪を愛でていてくださいました
リアシートを一杯に下げ広げてあった足元に石塚さんは膝立ちになっていました
左手でわたくしの背に広がる髪を右手で腰の丸みを愛でるのです
「はぁう・・・」 山崎さんはもう片方の腰を・・・二人の男性に淫らに触れられるのです 
恥ずかしさのあまり悶える腰は気持とは反対に二人の手に向かってつん・・と突き出されてしまうのです
 
「Tバックじゃないのが残念ですね」 唐突に山崎さんが口にします
「そうだな この姿だとTバックの方が綺麗だな」 石塚さんも答えるのです
腰を覆うランジェリーは・・・Tバックのようにヒップを露にはしていなかったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
石塚さんのご用意くださったランジェリーは
可愛くてでも少し<堅い>といった感じでしたでしょうか
日本製のものはどうしても幾重にも布が重ねてあって
「整える」機能重視なのかもしれないですね
わたくしも日本製のものも普段から着けますが
今回のようなパンティは・・・初めてでした
ストッキングはパンティストッキングですと
ナイロン製になってしまいますね
着心地はそちらの方がフィットして快適です
ガーター用のものですとシルクの感触を楽しむことが多いです

2月11日 8:50
祥子 URL 2006/08/28(Mon)13:10:43 編集
無題
いかかでしたでしょうか。
ランジェリーの着心地、ストッキングの穿き心地。
上質なシルクの感覚はほんらい素肌に気品を与えるものですが。
容赦なくくわえられる男たちのまさぐりをよりいっそう滲ませて。
濃い誘惑を増幅させてはおりませんでしたか?
2月11日 6:01
柏木 2006/08/28(Mon)13:09:57 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]