忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 2006 / 02
「祥子さん 僕たちはこのカーテンを開けてもいいんですよ 結城にも外を走る他の車の人たちにも・・・祥子さんのはしたない姿を見せたいですか?」 耳を唇で愛撫しながら冷静な声のままで山崎さんがおぞましい脅しの言葉を告げるのです
「だめです・・・だめ・・・ここじゃ・・いや・・・」 でも抗いを止めることなんてできませんでした
「いますぐ高速を下りてホテルにでも入りますか? 僕たちはそれでもいいですよ ラブホテルの駐車場に結城くんを待たせておけば済むことですからね でも別荘にはつけなくなるなぁ 美貴と望月くんが・・待ちぼうけかなぁ」 
ジィッ・・またファスナーが少し上げます パンストに包まれたランジェリーが露になる寸前のところで止めるのです
「そんな・・こと・・・」 フランクで紳士的で優しいお二人の欲望の深さを感じました 許しては・・・いただけないのです
「僕たちはいいんですよ 先ほども言った様に結城も承知済みです おとなしく出来ませんか?」 黒にピンクのレースで彩られた中で立ち上がりはじめた敏感な乳首に向かって絞り込み始めていた手を運転席との間のカーテンに伸ばしたのです
「やめて・・・いやっ・・・」 革のスカートのファスナーは引き上げられ・・カーディガンは脱がされて・・4本の男性の手が身体を這い回っているのです
たとえまだ肌を晒していなくてもわたくしの姿はもう充分淫らだったことでしょう
 
「あっ・・」 山崎さんの手に気を取られたわたくしの脚を 石塚さんの逞しい腕がブーツごとかかえご自分の膝の上に引き上げたのです
わたくしの身体は腰を中心に90度回り・・・上半身はやさしく山崎さんの膝に受け止められてしまったのです
「いいですね こんなポジション」 膝枕をしているようなわたくしの頭を両手で抱えて山崎さんの唇が重ねられます
「あふっ・・ん・・く・ちゅ・・」 カーテン越しとはいえすぐそこには結城さんがいるのです どんなことをされてもわたくしは声を抑えるしかありませんでした
膝下は石塚さんの脚と左のドアの間に挟まれ・・・動かせない様になっていたのです
ジィィッ・・・またファスナーが少し・・・引き上げられてしまいます
「黒のパンストにピンクのレースと祥子さんの肌が透けて・・・綺麗ですよ 祥子さん」 茂みをつつむランジェリーの丸みを手のひらでまぁるく愛撫するのです
「ん・・んく・・んゃぁぁ・・・」 隠そうとした手は山崎さんの手で引き上げられ・・脚と同じ様にドアと山崎さんの脚の間に挟み込まれてしまいました
 
「祥子さん おとなしくなさってください」 両手と両脚を二人の男性に押さえ込まれて・・・わたくしの身体はふたりのなすがままでした
「聞けませんか?」 山崎さんがドアポケットから出したのは数枚のシルクのスカーフでした
「このスカーフでドアハンドルに手首を括られたいんですか? 祥子さん」 山崎さんの声はもう顰められてはいませんでした 結城さんに聞かせることを厭わない・・・彼女は承知している・・というのは本当なのだとわかりました
「おねがい・・・括らないで」 キスを繰り返す山崎さんに・・わたくしは小声で<おねがい>したのです いつ誰が覗き込むかわからない車のドアに括られて・・・二人の男性に嬲られるなんて・・・できません
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]