忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
27 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 2006 / 02
「どれ・・・」 パンティの上にはパンティストッキングにロングブーツを履いたままなのです なのに石塚さんは髪を愛でていた手を離したのです
「やぁん・・」 ストッキングのウエストに石塚さんの指が入り込むのです 左・・・それから右と そしてパンティの左右の紐を解きました
「腰を浮かせてください 祥子さん」 わたくしの左脚を開かせるとそう命じるのです
「あぁぁん・・だめっ・・」 腰を微かに浮かせた瞬間に腰側からパンティを引き抜きました
女性の運転手が高速道路を走らせる車の中で・・・ランジェリーだけの姿にされて二人の男性に嬲らせる・・・そんな異常な状況はわたくしの身体をはしたなく濡らしていたのです
「やぁぁ・・ん・んん・」 パンティストッキングに押さえつけられたままで引き抜かれるランジェリーはわたくしの真珠を花びらを・・・きつく擦り刺激するのです
落ちそうになる腰を山崎さんの手が許してはくれませんでした
「だめ・・・」 ストッキングを着けたままで男性の目の前でパンティを脱がされる・・・ありえないと思っていたことが抵抗もできないままで実現されてしまうのです
 
「はぁぁ・・」 パンティを抜き取られた花びらには・・・ストッキングの縫い目がきつく食い込むのです
「これでどうだい」 ようやく許されて落とした腰を二人の男性の視線が舐める様に這うのさえわかりました
「あぁ これでいい やっぱり祥子さんにそんな形のランジェリーは似合わないですね ストッキングの下はこうでないと」 まぁるく張り出した白い丘も・・・深く切れ込んだ陰影さえも・・・黒のストッキングは淫らに演出するのです
「や・・ぁん・・」 パンティストッキング一枚に覆われたヒップを山崎さんの手が撫でました 
「ふふ こんなにまで濡らしてはしたないですね 祥子さん」 石塚さんの手には濡れそぼったクロッチが露になったパンティが握られていたのです
「だめ・・で・すぅ」 
「ゆうべの蜜もいい香りでしたけれど今日のも格別ですね」 
「やめて・・・」
「同じレースのTバックのパンティを用意してありますから これは僕が記念にもらいますよ 美貴も山崎も祥子さんの愛液付きのランジェリーを持っていてうらやましかったんです これで僕も 祥子さんと逢えないときもこの香りを楽しめます」
「だったら最初からTバックにすればよかったじゃないですか」 あきれ顔で山崎さんがつぶやきます でもこの趣向を楽しんでいることは声音からでもわかったのです
「車の中で・・・スマートに楽しめないじゃないか いいだろ 僕も欲しかったんだから」
 
「いやぁぁぁ・・・返して・・」 社会的に地位のある・・・きっと女性にもおもてになる紳士が・・・わたくしのはしたなく濡らしたランジェリーを競って持とうとするなんて
「祥子さんを独り占めしたいのは 美貴だけじゃないんですよ」 山崎さんの手がブラのスナップを外します
「あっ・・・」 ふいに緩められる感覚は・・・わたくしにはとうとうストッキングとブーツだけしか身に着けるものを残してもらえないことを告げたのです
「さぁ 祥子さん」 膝を落とされ上半身を起こされて・・・ブラのストラップを外されてしまいました
「クリーム色の内装よりも祥子さんの肌の方が白いな」 ほの白い内装の中で黒のパンストとロングブーツだけが浮き上がっています
わたくしは両手で露にされたバストとストッキングに浮かぶ茂みを隠し恥ずかしさに俯いてしまいました
「椅子の背を倒しますよ」 山崎さんの声と同時にわたくしの身体は後に倒されてしまったのです
「手をどけてください 祥子さん」 胸を覆う手を山崎さんの指がなぞり・・・堅くとじた膝に石塚さんの手がかかります
「言うことを聞いてください」
「や・ぁ・・」 わたくしは首を横に振りました
「仕方ないですね」 二人の男性は眼顔で頷きあうと・・・石塚さんが力づくでわたくしの手を引きはがしました
「ゆるして・・・」 まとめられた手首に山崎さんの手でシルクのスカーフが巻き付けられてしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]