忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12 2006 / 02
「祥子さんが言うことを聞かないからです」 括りたくはない・・・との言葉を示す様にシルクスカーフは柔らかくわたくしの手首に絡み付いていました
拘束されているから抵抗できない・・・そんな言い訳を山崎さんはわたくしにくださったのです
括った手を頭上に上げられて わたくしは山崎さんに乳首をねぶられてしまったのです
「あぁはぁぁん・・・」 突然の快感に緩んだ膝を足元に跪いていた石塚さんに開かれてしまいました
「こんなに濡らして いけない女ですね 祥子さん」 石塚さんの唇がストッキングに覆われた花びらを襲うのです
「ゃあ・ぁ・・はぁぁ・・ん」 女性運転手の存在に抑えようと堪えている声にさえ淫媚な響きが否応なく混じってしまうのです
 
両の乳房を山崎さんのすべすべの手と唇と舌が・・・はしたない淫らな狭間と太ももを石塚さんに・・・同時に犯されているのです
「だめ・・で・・ぁあぁぁ・・すぅ・・」 ストッキングの縫い目で羞恥に膨れた真珠を嬲りストッキングごしに花びらをすすり上げるのです
「山崎が乳首を弄る度に蜜が溢れてきますよ そんなにいいですか 妬けるな」 ちゅく・・・ 右手を太ももに滑らせながら・・2枚の花びらにストッキングの縫い目を食い込ませるのです
「あぁ・・やはぁぁん・・」 山崎さんの唇が右の乳房からより敏感な左の乳首に移るのです 吸い上げ甘噛みするたびに・・・わたくしは手首をくくったシルクのスカーフで声を抑えるのです でも漏れてしまう淫らな声・・・
 
「社長 そろそろ甘楽です 休憩なさいますか?」 唐突に結城さんの声が聞こえました
わたくしは今更ながら・・・彼女の存在に身体を堅くしてしまったのです それほどに冷たく感情を抑えた声でした
「ああ そうしよう 寄ってくれ」 素肌に表れた緊張感を察してくださったはずなのに、わたくしのGカップの乳房から唇を離すことなく・・・山崎さんは答えたのです
「もう甘楽か早いな もう少し祥子さんを楽しんでいたかったが ここで休まないとな」 石塚さんの手にも太ももに走った緊張がおわかりになったのでしょう わたくしの脚を彼の手で閉じてご自分の身体をわたくしの左隣へと移されました
カチカチ・・・ウインカーの音が聞こえます
「起こしますよ」 山崎さんがリアシートの背を起こし手首のスカーフを解きました
朝なん杯も注がれた珈琲のせいでわたくしも化粧室に行きたかったのです 
そうでなくてもこのままの姿でサービスエリアに入る訳にはまいりません わたくしはスカートとカットソーを探しました
カチカチ・・・ あぁもうサービスエリアに入ってしまいます
「祥子さんはこれを着てください」 差し出されたのはシャドーフォックスのコートでした
「えっ・・」 ストッキングだけしか着けていない姿に毛皮のコートを素肌に羽織れというのでしょうか
「もうサービスエリアですよ 隣のスペースに止まっている車にこんな姿を見られたいんですか?」 たしかにもう駐車スペースでした
車の窓にかかっているのはレースのカーテンだけなのです この姿を見られたくなくてわたくしは言われるままにシャドーフォックスのコートを身に付けたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]