忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 2006 / 01
ドレッシングルームの先はジャグジーでした
壁にはダナキャランのアメリカンスリーブのドレスとストールが掛けられ、ランジェリーが用意されていました
ただ、そこにあったランジェリーはガーターベルトと黒のシームストッキング それにTバックのパンティだけだったのです

 
「祥子さん その首はどうしたのですか?」 美貴さんの指がほんの微かになっているはずの首輪の痕をなぞるのです
今朝方までわたくしに付けられていたカメラマンさんの赤い首輪の痕
薄く・気づかれずに済むと思っていたその痕を指摘されて とっさに手で隠すような仕草をしてしまったのです
「その位置・上下についた痕 犬の首輪でも付けられていたのですか」 わたくしの黒髪を掻きあげてうなじまでも確認するようになぞります
「ちがい・ま・す・」 事実を指摘されて否定の声は弱々しくなるしかありませんでした
「祥子さんに犬の首輪ですか 確かにそそりますね でももっと素敵な姿にすることもできるのに無粋な男ですね」 その痕に唇を這わすのです
「違う・・わ」
「これだけでも充分に祥子さんを嬲れそうですけれど時間が無いのが残念ですね」 ふっ・・とため息をつくとわたくしから離れサイドデスクにある黒塗りの箱からベルベットのリボンを取り出してきたのです
「微かですけれどうなじの痕が気になります 祥子さんの肌にはアクセサリーなど不要だと思っていましたが 今夜はこれを付けてください」
渡されたリボンにはプラチナとダイヤでつくられたペンダントトップがついていたのです 用意されていた簡単な髪飾りと同じモチーフでした
「これ?」 一目でそれが本物であることがわかる繊細な造りでした あまりに高価なものにわたくしは驚きを隠せなかったのです
「箱根で祥子さんに約束したプレゼントですよ 今夜は僕のでその身を飾って楽しませてください」
「でも こんなに・・」
「祥子さんの3日間をいただくのです 当然です それにあの夜望月が用意したものほどではありませんからね」

 
美貴さんは改めてわたくしの前に跪かれたのです
「箱根では全て望月にさせましたが 後で考えたらあまりにもったいなかった 今夜は僕らが交互に祥子さんの着替えを手伝わせてもらいますよ」 左のガーターストッキングの留め具に手を伸ばすのです
「お願い・・・自分でいたしますわ だめ」 身を引こうとするわたくしの腰を左手で引き寄せてTバックに顔を埋めるのです わたくしの身体は繰り返される言葉責めにすでに蜜を溢れさせていたのです
「いい薫りだ このまま味わいたくなる おとなしくしてください祥子さん 時間がないのです こんなに濡らしたままでレストランに行きたいのですか?」 わたくしの脚を持ち上げパンプスを脱がせます
「それともこのまま犯して僕の精液の匂いまでつけてランジェリーもなしでお食事に行きますか?」 ガーターストッキングの留め具を外します
「いやぁ・・ゆるして・・・」 するするとストッキングを下ろすのです 
「ジャグジーでさっぱりとしてからお食事したいでしょう」 わたくしの後に回り背中のホックを一つづつ外します
「あぁぁ・・きれいだ どんな高価なランジェリーよりも祥子さんの肌がいちばんきれいですよ」 肩のストラップを引き下ろすたびに・・・乳房がたふん・たふ・・と揺れるのです
「さぁ 僕の肩に手をかけて」 Tバックの両脇を持ってゆっくりと脱がせてゆきます リバーレースに押さえられていた漆黒の茂みがふわっと立ち上がり・・女の薫りが溢れ出したのです
「逢ったばかりなのにこんなに濡らして だめじゃないですか 祥子さん」 手にしたTパックの細いクロッチを鼻先に近づけて・・・
「だめっ・・・やめてください」 どうして男の方はこのような恥ずかしいことをなさるのでしょうか
「ふふ これからいくらでも楽しめますからね」 わたくしにバスタオルを巻き付けるとジャグジーのドアを開けたのです
「30分で用意してください リビングで待っていますよ」 ちゅっ・・軽くキスをして美貴さんはドレッシングルームから出ていったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
淫牡乃歓様
御丁寧にありがとうございました
お越しいただけてうれしいです
年末年始はどうしても多忙になりますものね
わたくしもなかなか筆が進みませんで・・・時には皆様に甘えて
お休みもさせていただいておりますの
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます
1月7日 21:11
祥子 URL 2006/08/26(Sat)14:19:57 編集
無題
寒中見舞い申し上げます。そして、新年に訪問ありがとうございます。多忙のため更新が滞っておりますが、現在連載中のものに関してはコンスタンスに載せていきたいと思ってます。
こちらも祥子さんが綴った文章をじっくりと読ませていただきます。
1月7日 12:25
淫牡乃歓 URL 2006/08/26(Sat)14:19:32 編集
翡翠様
翡翠様
お越しいただいてありがとうございました
MSNはコメントをするのにログインが必要なのですね
お手数をお掛けして申し訳ございませんでした
以前から見ていただいていたなんて光栄です
わたくしのような素人の作で恐縮ですけれど
よろしければ今後もぜひかわいがってくださいませ
1月7日 10:24
祥子 URL 2006/08/26(Sat)14:18:48 編集
無題
はじめまして。以前から訪問はさせていただいていたのですが、コメントを書き込むのに設定が必要で断念しておりました。正直言って、プロ顔負けですよね、というかプロじゃないんですか?これからもどんどん立ち寄らせていただきます。私のブログにリンクさせていただきたいと思います。不都合がございましたら削除いたしますのでお手数ですがご連絡をお願いします。
1月7日 9:44
翡翠 2006/08/26(Sat)14:18:17 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]