忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 2006 / 01
ジャグジーを出て、用意されていた髪飾りを手にしました
かんざし型の髪飾りは いつも背に垂らしているわたくしのストレートのロングヘアをタイトにアップにまとめるように・・・という意味なのでしょう
ランジェリーをつけドレスを纏ったとこで 言われていた時間まであと5分になってしまいました
シルクオーガンジーを重ねたミドル丈のドレスは上半身に繊細なビーズ刺繍を施された黒のシックなものでした 前身頃を首に掛けるようなデザインになっていて脇から背中が全く開いていたのです 
それでも肩甲骨の真下ほどを横切るラインまでは後身頃がありましたから・・・わたくしのバストのボリュームを支える役目は果たしておりました
露になった背中と肩を覆う様に用意されていた、ドレスと同じビーズ刺繍を施したベルベットの大判のストールを掛けました
最後にベルベットのリボンを首筋に巻き後をリボンに結んで脚元に用意してあった7センチヒールのパンプスを履いて わたくしはドアを開けたのです

 
「これは見事ですね」 山崎さんがさっと近づきわたくしをソファーまでエスコートしてくださいました
わたくしには賞賛の声も辱めにしか受け取れませんでした
なぜなら用意されたランジェリーの中には・・・Gカップのバストを支えるブラジャーがなかったからです 
ベアトップ・・という背中の開いたデザイン・・なのでブラジャーを着けることはたしかにできないのです でも わたくしの身体をご存知なのにあえてこのデザインを選ばれたなんて羞恥を煽るための衣装でしかありえません
男性の手のひらにさえにあまる白い乳房は一足ごとに光るビーズに覆われたシルクの中でたゆん・・・と揺れるのです
そして前身頃はわたくしの脇の乳房のラインをほんのわずかではありますが曝けださせていたのです
「綺麗ですよ 祥子さん」 わざと腕を組んで歩く山崎さんの腕には わたくしのはしたない乳房の揺れがそのまま感じられていたはずなのです なのに空々しくそんな言葉を囁くのです
「美貴のセンスもなかなかだな 本当に似合ってますよ」 豪快な感じの石塚さんが見直したぞというように美貴さんの肩を叩いています
「やっぱりあの時思った通りだ 祥子さんは着物もいいがドレスが似合う その白いミルク色の肌と黒のシルク このドレスを見た時どうしてもあなたに着てもらいたかったんですよ」 山崎さんからわたくしを受け取るとやはり・・・腕を差し出すのです
別のドレスがあればそれに着替えさせて・・・とお願いするつもりでした でもその言葉さえ今夜の彼らには新たな責めの要因にしかならないと 諦めたのです
バーのカウンターから連れてこられたこの部屋のベッドルームで身体の全てでこの3人を受け入れてしまったあの時から 今宵のことは決まっていたのでしょう

 
「お食事はこちらでではないのですか?」 この方達のことですエクゼクティブスイートのダイニングにルームサービスでのお食事なのだと思ったのです
「せっかくですから、レストランを予約したのですよ。こんな素敵な祥子さんを見せびらかすチャンスを逃すなんてもったいない」 美貴さんがドアに向かってわたくしをエスコートしてゆきます
「そんな・・・」 この姿をこの方達以外の人に晒すの・・・
「この部屋よりも下の階ですから少し眺めが悪いのですが窓際の席をリザーブしてあります 都内の夜景を楽しみながらゆっくり食事をしましょう」 山崎さんが振り返るように仰るのです そして石塚さんも・・・
「今夜は東京タワーが0時にもう一度ライトアップするらしい それを見ながら乾杯しましょう」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]