忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 2006 / 01
夜の深い時間に盛装で表れて略式とはいえフレンチを優雅に楽しむ4人の男女
味を知らないわけはないその1人にテイスティングを挑む・・・職業上の心地よい緊張感がソムリエを包んでいました
とっく・・とっっく・・・ とろりとしたガーネット色の液体がチューリップのようなフォルムのワイングラスに注がれるのです
1998年のラベル 香りも味もすばらしかったヴィンテージのものでした
「ありがとう」 どうぞ と差し出されるグラスにわたくしは唇を寄せたのです 
傾けるだけで溢れ出す香り・深く重いでも雑味のない赤の味わい・アクセントともいえるこっくりしたタンニンの後味
「美味しいわ みなさんにも差し上げてください 今日のお料理にぴったりだわ いいヴィンテージを選んでくださったわね」 3人の男性に順にワインをサーブするソムリエに・・・左の太ももをテーブルの下で露にされ男性の手で撫で回されながら・・・にっこりと笑みを浮かべ賛辞をおくったのです 
「祥子さんの舌は肥えてますね まさに言う通りだ ありがとう 僕の顔が立ったよ」 恐れ入ります・・・美貴さんの言葉にソムリエが一歩下がった場所で控えめに答えるのです 一流ホテルならではのゆきとどいたサービスでした
「初めてだがこれはしっかりしたボディのワインだね まるで祥子さんのようだ」 脚を手で掴む様にしながら石塚さんが喉をならすのです そしてわたくしの頬に軽くキスをしてみせるのです
「いやですわ 石塚さんたら・・」 彼の指がたった一枚だけのランジェリーの端を彷徨っていることさえ感じさせない様に・・・気まぐれなキスを嗜めるだけにしたのです 
それ以上は・・・だめ 軽く睨んでグラスに添えていた手をクロスの下に運びナフキンを直すふりをして 石塚さんの腕を抑えたのです
「本当においしいですよ 祥子さん さすがだ」 しかたないな・・・といった表情で指先で茂みの上をさっと佩く様になでてから手をテーブルに戻すのです
その指をグラスの縁に沿えもう一口・・・
「いい香りだ」 舌の上でワインをころがして・・鼻先に右手の指先をかざすのです どちらの香りを楽しんでいるのか・・・淫らな視線をわたくしに投げながら
「祥子さんと一緒ですとワインも香りを増しますね」 わたくしの手を撫でていた左手をグラスに戻しゆっくりと・・・グラス1/3ほどを楽しまれていた山崎さんがうっとりと言葉を口になさいます
「お上手ですこと」 右隣で石塚さんに比べれば紳士的にわたくしを楽しんでらっしゃる山崎さんにも笑みをお返ししたのです 石塚さんにテーブルの下で脚を嬲られて微かに上がっていた体温のことさえわたくしの手を通してご存知に違いないからです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
コメントへのお返事まで遅くなって申し訳ございません
ようやく戻ってまいりました
男性方の悪戯がテーブルの下に留まらなくなってしまった時
わたくしはどうすればよろしいのでしょうか・・・
1月19日 7:03
祥子 URL 2006/08/26(Sat)14:59:03 編集
無題
テーブル下の遊戯・・・そそられます。
テーブルの上に咲く会話がブリリアントであるほどに、
陰で営まれる淫猥も、いっそう趣きを増すものでしょうか。
1月15日 6:09
柏木 2006/08/26(Sat)14:58:34 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]