忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20 2006 / 01
「このストッキングは・・・みなさんでもう祥子様を味合われてからこちらにいらしたという証ですか?」 シェフが石塚さんに問われます
「いや そんな時間は無かったのですよ 先ほど食事をしながら祥子さんのフェロモンに酔わされて 我慢できなくて僕が楽しませてもらったんですよ この太ももの感触が素晴らしくて」 ほら・・・とシルクのドレスの裾を大きくまくり上げるのです
「いやぁぁぁ・・・」 突然のことにわたくしは昂った抗いの声を上げてしまいました
幾重にも重ねられたシルクはわたくしの左のスリットから大きく・・・鳥が羽を広げる様に捲り上げられ・・ガーターベルトに吊られた・・左脚だけを無惨に破かれているストッキングと・・・茂みを覆うランジェリーと白い太ももを・・額縁のように彩って晒したのです
「ほぉぉ・・見事ですね この脚 この肉付き・・触れてもいいですか」 シェフの声がほんのわずかに興奮に掠れていました
「ええ どうぞ いいですね祥子さん」 いいなんて言えるはずはありません なのに・・・美貴さんがまるでわたくしを一品の料理のようにシェフに勧めるのです
「お止めになってください シェフ・・おねがい・・・やめて・ぇぇ」 シェフの頬が破かれ伝線したストッキングのふとももに触れ・・次いで唇が触れるのです
「祥子様の声はまるでソースのようだ 僕の唇に触れる白い肌の味わいを深めてくれる もっと聞かせてください」
「やぁぁ・・・」 シェフの唇はストッキングの伝線に沿って足首に向かって下がって行き・・やがて足首をパンプスごと引き上げるのです
「だめっ・・・」 脚を開かれ・・ふとももの狭間を晒すはしたなさをおそれわたくしは膝を揃え脚をテーブルの上に引き上げたのです
「だめじゃないですか 祥子さん テーブルの上に靴をはいたまま上がるなんてお行儀がわるいですね」 シェフに引き上げられていた左脚に必死で沿わせていた右脚の足首を山崎さんが掴みます
「やめて・ぇぇぇ・・・山崎さん」 ぐいっ・・・黒のガーターストッキングに包まれた脚を左右に大きく割られてしまったのです
 
「薫りも素晴らしいですね 祥子様の これは香水などではないですね 男をそそる香りをこんなに溢れさせて」 足先からパンプスを脱がせ カタン・・と床に落とすとシェフは割り開かれた太もものストッキングの上の素肌に唇をそわせるのです
「ストッキングを破く音があんなに響くとは思わなかった そそられたよ 石塚」 山崎さんが右のパンプスを脱がせ・・・つま先をねぶるその脚に美貴さんの指が這うのです
「そうですね 盛装した女性のそれもガーターストッキングをこうして破る 男をそそらせる行為ですからね」 このレストランに脚を踏み入れた時から続けられた羞恥責めに潤わせてしまった蜜が内ももにはしっとりとまとい付いていたのです シェフの指はまだ無傷だった左脚に内側のストッキングを・・・ピリリ・・と破りながら伝線の中に表れる白い肌に舌を這わせてゆくのです
「美貴の用意したストッキングはシルクだろう この高く響く音はそのせいさ 安物のストッキングじゃこんな音はしない もったいなかったが・・手触りだけでどうしてもしたくなって我慢できなくなったんだ」
食事の間中 わたくしに指を這わせ続けていた石塚さんは いまは隣のテーブルでブランデーとチーズをゆっくり味わいながら テーブルの上に饗されるわたくしを眺めていました
「構わないさ 祥子さんのためのプレゼントなんていくらでも用意してある 一番似合うと思って用意したストッキングがこんな趣向を生むとは思わなかったよ」 ピッ・・・とうとう右のストッキングも・・美貴さんの指で破かれてしまったのです
「部屋のベッドの上でもいいが こういう場所なのは格別だな 美貴が言う様に営業時間中にこうしてみたくなる」
「いやぁ・・ぁぁ・・・」
 
もう誰もいないとはいえ 通常の夜間営業時とおなじクラシックのBGMが流れ・・・フレンチを楽しむに相応しい照明と・・・わたくしたちの周囲のいくつかのテーブル以外にはすでに明日のためのグラスとシルバーがセットされているのです
背後の窓の外には新年を迎える都市の夜景が宝石箱のようにまたたき・・・わたくしの身体の下には真っ白なリネンのホテルのロゴがジャガードで織り込まれたテーブルクロスが敷かれていたのです
その中でテーブルの脚に両手を縛られ・・・3人の男性に両脚を割り開かれて黒いシルクのドレスの裾を乱され 露になったガーターストッキングを無惨に破かれ脚を指で唇で嬲られているのです
「営業時間中だけはご容赦ください こんな姿の祥子様がいらしたらどなたも食事などなさらなくなってしまいます それにこの香り・・・なによりも私が仕事になりません」 わたくしの足首を二人の男性が左右に開いたままで掴み 伏せていた身体を起こした3人の男性に・・石塚さんが加わって・・・テーブルの上のわたくしを見下ろすのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
柏木様が萌えてくださっているなんて・・・光栄ですわ 
ほんの少し・・・どうかこの瞬間をお楽しみください
(しかし、このホテルのレストランの支配人も・・・お預けをされてますわね(笑))
1月20日 21:09
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:44:35 編集
無題
あまりにもツボすぎる描写に魅入られている柏木です。^^
>シェフの唇はストッキングの伝線に沿って足首に向かって下がって行き・・
料理の達人は、女性の脚の味わい方にも造詣が深いようですね。
想像するだに・・・
いやいや、多言を要しますまい。
ここはひとつ、息を詰めて今後の展開を見守ることといたしましょう。^^
1月20日 19:28
柏木 2006/08/28(Mon)12:43:58 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]