忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 2006 / 01
「こんなに破れていては身に付けていてもしかたありませんでしょう ストッキングを脱がして差し上げますよ 祥子様」 山崎さんがわたくしの両足首を抑えると・・・シェフの指がガーターベルトの留め具を右の脇から一つづつ外してゆくのです
「おねがい・・やめて・・このままで部屋に戻ります 許して」 先ほどの<だめ>が招いたより淫らな責めを逃れたくて・・・今日はじめてお逢いしたシェフに哀願を重ねたのです
「さぁ反対側です 脚の向きを変えてください」 どうしても外すことのできない左脚の留め具を見せろと迫るのです
「やぁ・・ゆるして」
「この姿で僕たちと望月の待つ部屋に戻るんですか 誰がくるかわからないホテルの廊下とエレベーターの中を破れたストッキングと・・・ドレスの前を落として乳房を露にしたままで・・・ですか 祥子さん」
「それもいいですね こんな格式の高いホテルで露出ですか どこで誰に見られるかわかりませんが ふふ そそられますね」
「ちがうわ・・・帰る・・の・・」
「あんなに美味しいお料理を作ってくれたシェフに選んでもらいますか ホテル内で露出しながら祥子さんを嬲っていただくか、ここでシェフが望むようにするか 石塚さんがグラスを手にわたくしが抗えない・・・そんな選択を口にします
「そうですね  私がそのようなことをしているのを社内で知られる訳にはいきませんから 残念ですが この場で祥子様に私の希望を叶えていただければそのほうがうれしいですね」 そしてわたくしの脚を指先で触れるか触れないかの微妙なタッチで撫で下ろすのです
「ぁ・・ぁあ・・」
「祥子様 脚の向きを変えてください」 わたくしは脚を反対側に倒すしかなかったのです
最後の留め具を外すと・・・左次いで右の足首を引き・・・無惨に伝線したストッキングをすーっと引き下ろしていったのです
ウエストに巻き付いたガーターベルトの先が・・・わたくしの腰でゆらっと・・揺れました

 
「ナフキンでは祥子様の肌が傷ついてしまいそうですね 取って差し上げましょう」 シェフと石塚さんが左右の手首のナフキンを解いてくださいました でもそのまま自由にはしていただけなかったのです 
伝線したストッキングでわたくしの手を頭上でひとまとめにして・・・そのまま括ってしまったのです
テーブルから起こされた上半身は>真っ暗な夜景を浮かべる窓を背景に たふん・・白い乳房が揺れ・・胸元を覆っていたビーズに彩られたシルクがはらりと・・・淫らな姿を浮かびあがらせてしまうのです
ダイヤとプラチナのかんざしでシンプルに結い上げてある髪は・・・さきほどの責めでいく筋かほつれ・・・首筋に胸元にまで後れ毛が落ちかかっていたのです
「あぁ なんて姿なんですか」 
「おねがい・です・・見ないで・・・」 黒のシルクのストッキングでくくられた手首を胸元に引き寄せて・・・最後の被いさえ取り去られた白い乳房を・・・隠したのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
適切・・・こんな場面で使われるのと
とても淫媚に聞こえる言葉ですわね
引き裂かれたストッキングをわざわざ脱がすなんて・・・
身ににつけたほんの僅かなランジェリーすら
男性たちの手で引きはがされてしまうのですから
1月23日 15:32
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:45:35 編集
無題
両手を括る・・・。
伝線したストッキングの使用法として、もっとも適切なものだと思います。^^
その身を淑やかに彩っていたはずの衣裳が、いまは持ち主の自由を奪う縛めに・・・
パラドクシカルな変容ですね。
引き裂かれたナイロンの被膜からむき出しにされた白い脛を想像し、
あたかもその場に居合わせているかのように昂ぶってしまいました。
1月22日 14:39
柏木 2006/08/28(Mon)12:45:12 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]