忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26 2006 / 01
ぎ・・しっ・・ 達した瞬間にわたくしの脚は身体を支え切ることが出来なくなってしまいました 体重を手首の一点で支えるシルクのストッキングが頑丈なカーテンレールをもきしませるのです
「ふふ 逝ってくださったのですね 祥子様」 シェフはわたくしを支えて下さったのです
「もう少ししっかり立ってください そう」 わたくしの前に跪くとTバックに包まれた腰を愛おしそうに抱きしめて・・・太ももの合わせ目の茂みに・・・顔を埋めるのです
「なにを・・なさるのっ・・・だめ・・」 腰を振り彼の顔からそむけようとしてもがっしりとした腕に抱きとめられ動かすこともできないのです
「いい・・香りだ こんな香り・・・久しぶりです 最上のフェロモンですね」 シェフの鼻息が・・ため息が・・・濡れそぼった太ももの間を淫らに吹き抜けてゆくのです

 
「美貴様 味合われますか?」 わたくしの腰を抱きしめたままでシェフが後の3人に問いかけるのです
3人は椅子に深く腰掛け・・・わたくしたちを鑑賞しながら密やかに交わしていた会話を止めました
「欲しいですね シェフが丹精されたソースを 僕たちにも楽しませてくれませんか」 すべすべとした手はバカラのグラスを愛でる様にゆっくりと回すのです
「山崎が 珍しいじゃないか」 先を越されたのを残念がったのは石塚さんでした
「お待ちください」 腰に回していた手をTバックのウエストにかけ・・・一気に引き下ろそうとしたのです
「やめて・・ぇ・・」 太ももを捩り合わせて・・・唯一のランジェリーを引き下ろされるのを止めようとしました
「祥子様 脚を開いてください」
「い・・や・・・」
「私の言うことを聞いてくださるのではないんですか?」
「やぁ・・・おねがい・・・しないで・・」
「それじゃ このままの姿でここに両膝を曲げて腰を下ろし・・・お三方に祥子様の花びらをランジェリーごしに鑑賞していただきましょうか」 
窓際の空調設備が覆われた膝ほどの高さの台を指さすのです
「いやぁ・・・」 窓際で・・・それがたとえ周囲のビルから見られる心配などないほどの高層であっても・・・Tバックと首のベルベットのチョーカーしか身につけない身体を 営業しているのと同じレストランの中でスポットライトを浴びて・・・もっとも恥ずかしいところを開く姿を晒せというのです
「ランジェリーを差し出せないなら M字開脚で祥子様の全てを美貴様たちにお見せしてください」 縛められた腕は高く上げられたままで・・・そんなこと・・できません
「ゆるして・・・」 わたくしは堅く閉じていた脚をほんの少しだけ・・開いたのです
「最初から素直にそうしてくださればいいのです」 くちゅ・・・はしたない音をさせながらTバックを剥ぎ取られてしまったのです
「山崎様 どうぞ」 差し出された黒のランジェリーは・・・淫らな愛液に濡れそぼっていたのです
「今夜のソースは一段と濃やかな香りですね 祥子さん」 鼻先で燻らせるのです
「お見事ですシェフ でもこれはソースというよりも熟成されたチーズのようですね」
「恐れ入ります」 わたくしの乳房を嬲りながら・・・まるで今夜の一皿への賛辞に答えるようなひと言を返すのです 
「やぁぁぁ・・・」
「しばらくはこのデザートでお楽しみください」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]