忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29 2006 / 01
「妬けるな 山崎にこんなにされて とろとろじゃないですか 祥子さん」 ずっくりと塊を抜き差しするのです
「あぁ・・ぁはぁぁん・・」 わたくしは絶頂寸前で放置された体内をかき回される快感に身を浸してしまったのです 硝子に押し当てられた乳房さえ荒々しく揉み立てるのです
「ぬるぬると一気に奥まではいりましたよ ほら こんなふうに!」 ずん・・・最も弱い奥を突き上げるのです
「やぁぁあ・・・」 そのひと突きで逝ってしまったのです
「こんな誰にみられているかわからない高層ホテルのレストランの窓際で・・・胸を揉まれて逝くんですね 祥子さん」 腰の動きが激しくなってゆくのです 逝ったばかりで収縮をくりかえす中を抉られるように・・・突き上げられてしまいました
「いわない・・でぇぇ・・・」 
「露出が好きなら 明日はたっぷりと楽しませてあげますよ 祥子さん」
「ちがう・・ぁ・・あぁぁぁ・・」 近くに高層の建物はないとはいえ・・・もしあの東京タワーに人がいる時間ならば・・・見られてしまいかねない場所だったのです 展望台の望遠鏡ごしに・・・わたくしがはしたない姿で犯されているところを
「夢見ていた祥子さんの身体だ いい・・あの時のままだ いくぞ・・・」 打ち付けるような腰の動きが・・・止まらないのです 
「あぁぁ・・・いくぅぅ・・・」 体内の熱い塊が一段と太さを増したのです 抉り抜かれる快感に・・・わたくしは一層高い頂点へとおしあげられたのです
「きつい・・こんなに締めて・・・祥子・・いけ!!」 
「あぁあぁぁぁ・・・」 最奥を突きあげられわたくしは達してしまったのです
「うっ・・・ああ・・」 石塚さんは塊を抜くとわたくしの腰に・・・どろっと熱い精液をかけたのです

「今夜はあなたはシェフのものですからね 僕たちのは明日からたっぷり注いであげますよ」
ぐったりと官能に白く蕩けるわたくしの耳元に・・・名残惜しげに白い乳房をもみしだきながら石塚さんが囁きます
ありがとう・・・ という石塚さんの声とともに熱いタオルがわたくしの腰を拭うのです
その感触に眼を上げたわたくしは・・・硝子に映るシェフの姿をみとめたのです
「ゆるし・・て・・・」 このまま立て続けに犯されるのかと・・・思ったのです
シェフはわたくしの手首を吊っていたストッキングを解きました
支えをうしなったわたくしの身体はぐったりとシェフの手に抱きとめられたのです

 
「いい声でしたよ 祥子様 山崎様に嬲られる様も石塚様に犯される祥子様も素敵でした」 力なく垂れるわたくしの顔をあおのけて口づけました そして・・・お客様用の椅子に腰を下ろすとわたくしを広げた脚の間に座らせるのです
「今夜はまだどなたのものも口にされてはいないのでしょう 祥子様 その唇で私を感じさせてください」 
わたくしは言われるがままに・・・窮屈そうに盛上がったシェフのファスナーを引き下ろし・・・すでに昂っている熱い塊を両手で引き出したのです
それはひくひくと脈打っていました
堂々たる体躯に相応しい・・・荒々しいものにわたくしは恐る恐る唇を寄せたのです
くちゅ・・・シェフの先端は薄い皮膚が熱く・・・溢れる液体ですでに滑っていたのです わたくしは潤した唇をやわやわとまんべんなく全体に這わせてゆきました
時に唇を被せた前歯で甘噛みをし・・時には唇の狭間からちろちろと出す舌で男性の敏感な部分を一瞬ねぶるのです
「美貴様 この方はフェラチオだけでも絶品ですね こんなに上品な方なのに 一体・・・うっ・・どういう女性なのですか」 わたくしは唇から柔らかく沿わせる舌での奉仕に変えてゆきました たっぷりと唾液を載せた舌で先端から・・・幹の付け根までを万遍なくソフトクリームを舐めとるようにぺろぺろと舐め下ろしてゆくのです
「優秀なキャリアレディのようなのですけれど 僕たちもまだこの方の正体を教えていただいてないんですよ 残念ながら」 愉快気な声で美貴さんが答えています
「随分親しくしてらっしゃるようですが・・・」 舌での愛撫を続けながらわたくしはシェフのスラックスのベルトを外しウエストを緩めました そして・・・トランクスの前立てからやわらかい皺袋を引き出したのです 
シェフは会話をしながらもわたくしの行為の意図を理解してくださったのでしょう 腰浮かせて・・協力してくださいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
はじめてお逢いしたシェフまでもが
お三方とこんなに仲がよろしいなんて
思ってもみませんでした
ある夜に偶然知り合った3人の紳士
わたくしがどなたかと誠実なお付き合いへの意志を
明確に示さないのが一番の罪なのかもしれませんわね
1月31日 8:43
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:50:06 編集
無題
ひとりの女をかわるがわる犯す紳士たちのあいだに漂うものは。
共犯者としての共鳴か。競争相手としてのライバル意識、はたまた嫉妬か。
女を褒め称え、品評しながらも。
微妙な感情がたゆたうこともあるのでは・・・などと思うことがあります。
それにしても息の合ったかたがたなのですね。
1月30日 7:58
柏木 2006/08/28(Mon)12:49:44 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]