忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29 2006 / 01
「僕たちはお逢いするのは二度目なんですよ」 山崎さんの声がします
ちゅ・・ぷ・・・右側の袋を口に含みました 皺を伸ばす様に表面に舌を這わせ芯にある小さな卵のような塊をやさしく刺激するんです
「美貴は僕たちを出し抜いて祥子さんと逢ってるから今回で3回目だよな」 石塚さんです
ちゅぱ・ぁ・・そのまま付け根の窪みを舌で幾度も舐め上げ・・・幹に添えた左手の親指で・・敏感な裏筋を撫で上げます
「前回もきちんと誘ったのに忙しいといって来なかったのは君たちじゃないか」 ははは・・「だから君たちの言う通りにこうやって祥子さんをお誘いしたろう」
くぽぉぅ・・・手の中で太さを増した塊を・・・わたくしはようやくすぼめた唇の中に飲み込みました
「いちばん最初もこのホテルだったんですよ」
「っくぅ・・・そうだったんですか」 ゆっくりと唇を上下させ・・それに合わせて口腔で舌を前後左右と満遍なく塊に這わせてゆくのです
「チェックインした時はもう深夜でしたからこちらには伺いませんでしたけれどね」
くちゅ・・ちゅ・・・次第に頭を上下させるスピードを上げてゆきます 時には鼻先をシェフのトランクスに埋めるほどに・・・喉奥深くまで飲み込むのです
「あの夜の祥子さんも素敵でしたよ 僕たちは忘れられなくてね こうしてまたお誘いしたのですよ」 山崎さんの声が後から聞こえてきました すべすべとした手がわたくしの腰を撫で回しているのです
「うっ・・・私も祥子様のことが忘れられなくなりそうですよ こんなフェラ」 シェフの手がわたくしの崩れた髪の中に差し入れられます
「そうでしょう でも祥子さんの身体は・・口以上ですよ」
「随分濃厚な一夜を過ごされたのですね 石塚様」 ん・・くぅぅ・・食材を捌く大きな手がわたくしの頭を掴み・・・さらに奥へと・・・大きな塊を飲み込ませようとするのです
「先ほどお話したじゃないですか 祥子さんは心を許した相手には全てを許してくれる女性なんです 僕たちは得難い女神を手に入れたんですよ」 ぱさ・・・石塚さんがわたくしの髪をかろうじてまとめていたプラチナのかんざしを引き抜いたのです やわらかく長い黒髪が彼の手をなでて・・・白い背に落ちてゆきました
「うっ・・このまま逝ってしまいそうです 美貴様はどうなさいますか?」 シェフの手がゆっくりとわたくしの頭を上げ唇から塊を引き抜いてゆきます
「僕は今夜は祥子さんの唇を楽しませていただきますよ」 
「私のは美味しかったですか?」
こくり・・と頷くわたくしに満足そうに微笑むとシェフは乱れた髪をかきあげて わたくしを隣の椅子に座る美貴さんの足元に委ねました
「祥子さん シェフと僕の二人で可愛がってあげますからね」 美貴さんは椅子に浅く腰掛け・・・あの長く中太のかたまりを・・・自ら引き出したのです

 
「祥子様 腰を上げてください」
「ぁぁ・・・」 首に巻いた・・・首輪のようなベルベットのチョーカーだけの全裸で ホテルのメインダイニングの床に四つん這いにさせられて・・・上下の口を犯されるのです
さきほどまでドレスを纏い盛装していた隣のテーブルの足元で・・・です
まるでテーブルクロスの下に隠された淫らな肉奴隷のように扱われるのです
美貴さんの塊はもう充分に堅く・・・わたくしを狂わせる質量を備えていました
「祥子さん 僕を見て そう」 すぐに咥えさせるのかと思ったのです 
なのに美貴さんはわたくしの手を取りご自分の膝に上体をもたせかけるかのようになさいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
コメント欄がブランクなのでついそのまま投稿してしまいますわね
でも仰る通り文体で柏木様なのだと解ってしまいますわ
<場>の持つ力・・・ですね
たとえシェフがいらしてもあのメインベッドルームでしたら
こんなに乱れたりはしなかったと思うのです
お客様が全て帰られた後とはいえ
ホテルのメインダイニングの奥まった窓際の席
そこで身体をさらされ喘がされる羞恥
柏木様も<場>の力に惑わされてしまわれたお一人なのでしょうか
1月31日 8:53
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:51:38 編集
無題
すみませぬ。↑の投稿は私です。文体でそれとわかりますでしょうか。(苦笑)
1月30日 7:55
柏木 2006/08/28(Mon)12:51:09 編集
無題
テーブルの足許で。

かわるがわる責めを愉しみながら、それでいて何気ない口調のやり取りがつづいてゆく。

淫らな音を交えながら・・・

その下で我を喪わんばかりに惑い悶えるお姿を想像すると。

私のほうまで、とても昂ぶってまいります・・・

1月30日 7:54
お客様 URL 2006/08/28(Mon)12:50:41 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]