忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27 2006 / 01
「こんなに暴れるはしたない祥子さんを見たのははじめてですよ」 美貴さんの声が聞こえます
「祥子さんはね 堪えるのですよ 快感も悦楽も全て・・・ぎりぎりまで 彼女の声としなる身体は・・彼女の熟した身体が堪え切れなくなって初めて溢れ出してくる甘露なんです」
「わかります 美貴様 この方は素晴らしい 感度のよさも声も・・・蜜の香りも ここまで皆様が執着されるのです きっとお身体もよろしいのでしょう」
「はぁぅっ・・・だめ・・」 力の抜けていた脚を割って先ほどまで氷を持っていたシェフの冷たい指が・・・花びらと真珠の眠る草むらの奥へと入ってきたのです
「やぁ・・ぅくっ・・」 冷たい指先が熱く熟した蜜を掬い・・・花びらと真珠を撫でたのです
引き出されたシェフの指は・・・あたたかく・・白く濁る愛液にまぶされていました

 
「そろそろ頃合いのようですね」
わたくしの身体を窓の方に向けるのです 目の前には硝子越しに都心の夜景がきらめいていました
「ここに上がってください 祥子様」 先ほどの台にわたくしの膝を誘うのです
わたくしは手首を縛められ・・・吊り下げられておりました
氷責めで先ほどから力の入らなくなっている身体をシェフに助けられて・・・膝立ちで・・・台の上に登らされたのです
「脚を開いてください 祥子様 もっとです」 3人の男性に背を向けて・・硝子に映る乱れ髪のわたくし自身のはしたない身体を見つめながら・・そろり・と脚をひらくしかなかったからです
「もっと!!」 バシッ・・ シェフのあの大きな手でスパンキングをされたのです
「ひ・・っ・・」 小さく悲鳴をあげてわたくしは肩幅ほどに膝を開いたのです
「身体を倒して そう 窓にその破廉恥な巨乳を押し付けるんです」 シェフの手で背を押されてわたくしは冷たい窓ガラスに・・・Gカップの白い乳房を・・・乳首を押しつぶすように押し付けられてしまったのです
「窓の外からみたいもんだな」 石塚さんがつぶやきます
「超一流ホテルのメインダイニングの窓に両手を吊られて裸でバストを押し付けて跪く女の姿が見える 近くに高層マンションでもあったら・・・大変ですね」 山崎さんがさきほどのTバックを手に・・・わたくしのはしたない様をあえて言葉にするのです
「いやぁ・・・」
「もっとです!」 バシッ・・ 2度目のスパンキングが飛びました 膝を窓際の台ぎりぎりまでシェフの手で下げさせられ・・・背を反らす様にして上体を倒させられたのです
「あぁまるで蜜がけした果物のようですね ぷっくりと膨れて美味しそうだ」
「一口楽しみたいね」
「そんなことをしたら我慢できなくなってしまいますよ」 なんのことを言っているのでしょう
「今夜のメインディッシュです」 シェフの指がわたくしの柔らかな合わせ目を指で開いたのです

 
「だめ・・・ぇ・・」 背面の3人にはわたくしの恥ずかしい部分が丸見えになっていたのです バストが窓に押し付けられる冷たさばかりに気を取られて・・・腰を突き出した姿勢になっていることに気がまわっていなかったのです
とっさに姿勢を戻し・・膝を合わせようとしました
「そのままです!!」 バシッ・・ 3度目のスパンキングが白いお尻に飛びました
「ゆる・・し・て・・・」 
戻しかけた膝をシェフの手で前よりも開かれ・・・背をしならせるように反らせた姿にされてしまいました 手を括られ・・・吊られているためにわたくしは夜景の窓に映る自分の姿と・・・4人の男性の視線から意識を逃がすこともできなかったのです

 
「美貴様 どうなさいますか?」 シェフの指はわたくしの花びらを触れるか触れないかの繊細な指使いで嬲りながら・・・問いかけるのです
「いいんですか そんな風に聞いて 今夜は祥子さんを独り占めしたいと先ほど仰っていたじゃないですか」 ふふ・・欲情の絡んだ含み笑いが響きます
「そうしたいのはやまやまですが・・・皆様もそろそろ限界かと思いまして」
「はは バレバレですね 見るだけじゃ我慢できなりそうですよ」
「わたくしだけ楽しませていただいてお三方とお部屋に戻られたら 祥子様を酷くお責めになりそうな予感がします」
「そうだな 朝まで寝かせないかもしれない」
「祥子様も消耗なさってますから どうですかここで皆様も楽しまれませんか?」
「やぁぁ・・・」 ホテルのメインダイニングで・・・こんな淫らな姿を晒すだけでなくシェフだけでなく3人にも犯されろというのです
「明日は早めに出る予定なので ここで僕たちも満足させてもらえるならその方がありがたいですね」 美貴さんがまるで深夜のルームサービスを頼むかのような口調で言うのです
「お一人一品ということでしたら どうでしょう」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
声って不思議なものですわね
特に淫らな声は・・・
これ見よがしに出されたものよりも
抑えて抑えて・・・でも漏れてしまう
そこに淫らさの極みをかんじていただけたら
堪えたかいもありますわ
1月31日 1:48
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:48:57 編集
無題
>彼女の声としなる身体は・・彼女の熟した身体が堪え切れなくなって初めて溢れ出してくる甘露なんです
どこかのお部屋で。
声はパートナーに対する素晴らしいプレゼントのひとつだと呟いたことがあるのですが。
素晴らしい贈りものは耐え忍ぶことでよりいっそうの艶を帯びつむぎ出されてくるものなのですね。
1月30日 8:03
柏木 2006/08/28(Mon)12:48:39 編集
かず様
わたくしには・・・夜景を見る余裕なんて
もうございませんでしたわ
こんな恥ずかしい姿を
覗かれてしまうような場所が近くにないだけでも
唯一の救いですもの
まだ一夜目なのにこんな・・・
おねがい・・・助けてください
1月28日 14:47
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:48:10 編集
無題
両手を吊られ、夜景を見ながら4人の男に犯される・・・祥子はどんな姿で悦ぶのだろう...
窓ガラスに押しつけられるたびに形を変えるGカップ、窓の外から見たいもんだね。
 かず

1月28日 13:35
かず 2006/08/28(Mon)12:47:47 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]