忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 2006 / 01
「いいですね それでは僕から」 山崎さんが手にしていたTバックとグラスをテーブルに置くと・・・わたくしに近づいてくるのです

「やめて・・くだ・さ・・あぁぁぁ・・・」 すべすべとした手が両のふとももに置くとその場に跪きわたくしの真珠からアナルまでをぺろっ・・と舐め上げました
「ぁぁ・・ゃぁああああ」 花びらの外縁を舌先がなでると・・・真珠を吸い上げるようにして舌先でれろれろとねぶるのです
快楽の芯を放置されたままで嬲られ続けていたわたくしの身体は 恥ずかしいほどに山崎さんの舌と唇に反応してしまったのです
「飲み切れないほどに愛液が溢れてきますよ ランジェリーをぐしょぐしょにするほど濡らしていたのにまだ枯れないなんて 相変わらず淫らですね 祥子さん」 
「あっぁぁん・・」 くちゅ・・ ただ言葉責めを繰り返すだけではなくて わたくしの名前を呼びながら・・・淫らなのはわたくしなのだと言い聞かせる はじめての時と同じでした
羞恥に白くなる意識に理性を取り戻させながら 中指をすでに蕩けている花びらの間に差し入れるのです
「こんなにまとわりついて 蠢いてますよ 祥子さん」 わたくしは中の壁を撫でる様に動かす指先にまで・・・はしたないわななきを知られてしまう恥ずかしさに身悶えしてしまいます
「あぅぅん・・やぁ・・」 指一本とはいえ・・・ようやく一番埋めてほしかった場所に与えられたものに・・わたくしの身体ははしたなく反応してしまいました
「もっとですか?」 指をもう一本増やすと・・溢れた蜜でぬめる真珠をなおも舐め回すのです 
「はぁぁ・・ん・・」 感じやすい一点を責める舌の動きにわたくしは一層淫らに山崎さんの2本の指を締め付けてしまうのです

 
「うっ・・やぁぁぁ・・だ・めぇぇ・・・」 山崎さんの舌は真珠を離れ じゅ・・ぶ・・・じゅぶ・・と突き入れる指の上にひっそりと控えていたアナルへ移って行ったのです
「おいしいですよ 祥子さん こんなにひくひくと僕のキスを求めてたじゃないですか」 舌先を尖らせると密やかな中に唾液を送り込む様に舌をつかうのです
「ちがう・・ぁ・あ・・あぁぁん」 アナルを嬲るのは・・・いつも美貴さんでした なのに今夜はとうとう山崎さんにまで弄られてしまうんです
アナルの薄い皮膚は彼の舌の熱い感触をそのまま快感に変えるのです
「祥子さんのここはいつも美味しい そして今夜も綺麗なのですね 舐めるほどにこんなに素直に柔らかくなる 僕たちと楽しんだあと何人の男性にアナルをゆるしたんですか?」 花びらに差し入れる指を3本に増やし・・・親指で真珠をいらって・・・舌先をアナルに這わせながら・・・言葉責めをするのです
「美貴様 今夜も・・・とはどういうことですか?」 先ほどまで山崎さんの座っていた席にいるシェフが隣りの美貴さんに尋ねるのです
「あぁ・・やめ・・て・・ぇ・・・いっちゃ・・やぁぁぁ」
「祥子さんはね アナルの中までいつも綺麗なんですよ どんな美人でもそこまで嗜みのいい人は少なくて辟易するんですけどね」 
「そういうことでしたか しかし皆様にアナルの趣味があるとは思いませんでした」
「やぁ お恥ずかしい ま、これほどの女性だと全てを味わいたくなる ということですよ」
「そのお気持ちも解りますね」 ははは・・・ チン・・笑い声とバカラのグラスを重ねる怜悧な音が響きます
「ぁ・あぁぁぁ・・・」  いっぱいに広げられた胎内と感じやすい真珠とアナル・・・・3カ所を同時に責められてわたくしの耳にはもう二人の声は聞こえてはいませんでした
羞恥の極みである排泄器官をねぶられて わたくしは乳房をますます窓に押し付けるように身悶えしてしまったのです
すっと・・・山崎さんの指と舌がわたくしから離れたのです

  
「や・・・ぁ・・」 のぼりつめかけていた快感を中途で放り出されたのです はしたないとわかっていながら身体は彼の舌を追ってしまったのです
「ごちそうさま 美味しかったですよ」 濡れそぼった唇を拭いながら山崎さんは平然とシェフに挨拶をしているのです 
「言っておきますがアナル愛好者はこの美貴だけですよ もちろん祥子さんのものなら僕も試してみたいですけれどね」 いままで・・・わたくしの排泄器官を嬲りつつけた唇と舌でそのようなことを言うのです わたくしをこんなままで放って・・・知っているのでしょうに・・・わたくしがこんな状態なのを
「こんなに滴ってるのにもったいないことするなぁ」 二人の姿を打ち消すようにわたくしの背後に立ったのは石塚さんでした
わたくしは石塚さんも愛撫にいらしたのだとばかり思っていました まさか・・・シェフより先に交わるつもりだなんて・・・
「あうっ・・」 わたくしの予想に反してくっと背を押すと熱い塊を花びらの間に押し入れたのです
「あっあぁぁぁぁ・・・」 先端の張ったおおきなかりが・・・わたくしを押し広げてずぅぅっと奥まで入って来たのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]