忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30 2006 / 01
「この体勢では・・・難しいですか?シェフ」 わたくしの瞳を見つめたままでシェフに問いかけます
「いいえ 大丈夫です」 わたくしの脚の間に大柄な腰を割り込ませ・・・両手で白くまぁるい尻肉を割るのです
「やぁぁ・・・」 後から犯すためのシェフの動きにわたくしは思わず顔を伏せてしまいました
「僕から眼をそらすんじゃありません 祥子さん いいですね」 美貴さんは両手でわたくしの顔をはさみ・・・顎を引き上げるのです
「こうして・・っくっ」 シェフの逞しいものがわたくしの中に抉るような微妙な角度で押し入ってきました 
ぬりゅっ・・・大きく熱い塊をほとんど抵抗も無く飲み込まされてしまったのです 先ほどまで何度も繰り返された絶頂と言葉責めはわたくしの花びらから新たな蜜を溢れさせていたからです
「あぁああっ・・・」 顔をそむけることもできないまま・・・他の男性に突き入れられる瞬間の淫らな表情を晒してしまったのです 瞳を閉じてせめて食い入るような美貴さんの眼から逃れようとしました

 
「だめです 祥子さん 僕を見て シェフに嬲られて逝く表情を全て僕に晒して下さい 祥子さんの逝き顔が見たいんです」 がっしりと指先を埋める様に腰をつかみ腰をつかうシェフに眼顔で合図をするとゆっくりとわたくしの上体を引き上げてゆくのでした
椅子に座る美貴さんに膝立ちで抱きとめられたまま・・・後からシェフに突き上げられ嬲られる・・そんな姿にされてしまいました
「はぁ・・あぁぁん・・ゆるしてぇ・・」 大きく逞しい塊をわたくしの奥まで押し入れると・・・シェフの両手は腰からわたくしのGカップの乳房に移りました
「見事なバストですね 柔らかさも 感度も こんなに乳首を堅くして」 奥のもっとも感じる部分を捏ね回す様に・・・腰を丸く動かしながら・・・シェフの指先はわたくしの堅く立ち上がった乳首を指先で捏ね回すのです
「あぁ・・ああん・・・よわい・のぉ・・だ・めっ・・・」 感じやすい・・・このレストランに来ると決められたときからノーブラでたふたふと揺れる様や立った乳首を人目に晒されて疼きづつけていた乳房を芯まで揉み込む様に愛撫するのです
「いい 祥子様の中が乳首を刺激するときゅっと締め上げる うっなんて反応なんだ」 わたくしの身体は乳房と花びらの奥の二つの快感の芯をシェフに責め上げられて胎内でひくひくと動く堅いものを無意識に締め付けてしまいました
「はぁう・・ゆる・して・ぇぇ・・・」 乳首をつまみ上げられるたびにぴくん・・と跳ねる身体を美貴さんは全身で味わっているようでした
「そんなに眉を顰めて シェフのはそんなにいいんですか?祥子さん」 満足げな表情を浮かべながら官能に霞んで行くわたくしの瞳を見つめ続けるのです
「あ・・あ・あぁぁ・・・」 せつなく切れ切れに上げるわたくしの声は美貴さんの唇で覆われてしまったのです
ちゅ・・・くちゅ・・はぁぁ・・あ・・ちゅく・・・ 喘ぎと舌と唇が戯れる音が交互に響いてゆくのです 
シェフの手はまたわたくしの腰に移り・・・わたくしの乳房は美貴さんの堅くそそり立ったものの先端をたゆん・・と柔らかく撫でるように揺れ続けていました
「あぁぁ・・んく・・」 シェフの腰が一段と早く・・奥まで打ち付けるように動きはじめたのです 高まる喘ぎさえ美貴さんは唇を塞ぎ・・・全て飲み込もうとするかのようにわたくしの口腔を繊細な舌先で嬲るのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]