忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 2006 / 02
「おやすみなさい」「おやすみ」「よい夢を」 3人はわたくしを見送ると・・・リビングルームでしばらく何かを打ち合わせしていたようでした
 
「祥子様のバスルームはこちらです」 望月さんが案内してくれたのは以前に使ったことのあるメインベッドルームのものよりはコンパクトに設計された清潔なバスルームでした 
バスタブに入っても窓からは夜景が楽しめるようになっていました
「お召しかえはこちらにご用意しました お脱ぎになったものはこちらにそのまま置いておいてください」 ドレッシングルームには純白のシルクのネグリジェと同じシルクのパンティが・・・それに備え付けのものとは違うシルクのルームシューズが用意されていました
「ありがとうございます」 わたくし好みの上質な素材とシンプルな作りのものばかりでした
  
「後は自分で・・・」 するわ・・・という言葉を言い切る前に 望月さんに背中から抱きすくめられてしまったのです
「待っている間 気が狂いそうでした」 小声で耳元でそう囁くのです 
彼の腕はわたくしの肩を優しく抱きしめていたのです
解っているはずなのです 
彼の主と友人がわたくしを呼べばどんな時間を過ごすことになるのか・・・彼は良く 知っていてわたくしを迎えに来たのですから
そしてわたくしもその誘いに応じて彼の運転する車でここにきたのですから
 
「お召しかえだけでも手伝わせてください」 わたくしの髪を左側に寄せて首の後で止まっているアメリカンスリーブのスナップに手を掛けるのです
「おねがい 自分でするわ 許して・・・」 
彼が先ほどまでわたくしが他の男性に嬲られていたことを知っているからといって 直後の身体を見られることにはためらいがありました 
でも同時に彼に愛してもらえるなら・・・他の方との情事の痕を清められると思う・・・不可思議な気持もわずかにですがあったのです
「今夜の最後の祥子様のぬくもりを私にください おねがいします」 わたくしを近くに感じながら触れることもできない・・・感情を抑えていても滲み出る苦しみがこんな行動に走らせたのでしょう
真摯な彼の言葉には抵抗できませんでした
開いた背中の下から始まるファスナーを下ろされ・・・うなじにかかるスナップを彼は外したのです
ぱさっ・・・・ シルクとビーズの重さで脚元にドレスが落ちるのと同時に 身体を返して彼に向き合い・・・抱きしめてもらったのです
「祥子様・・・」 わたくしの何一つランジェリーを身に着けていない身体はバスルームを遮る硝子の壁に白く映り込んでいたことでしょう 
わたくしの下腹には彼の昂った塊が彼のスーツごしにさえ感じられました
なのに・・・彼の瞳には欲情は存在しませんでした
わたくしを腕の中に確かめられた悦びだけがあったのです
「望月さん・・」
望月さんは冷たくなったわたくしの背をあたためるように優しく一度だけ抱きしめると・・・キスをすることもなく・・・手元のバスタオルで包んでくださいました

 
「ゆっくり暖まってお休みになってください 明日は9時ごろ朝食をご用意いたします なにかあったらその電話で呼んでください」 バスルームのドアを開け、一礼をするとわたくしのドレスを手に彼はゲストルームを出ていったのです
 
バスルームは薔薇の香りで満たされていました
優しい香りの中で男性たちに弄られ辱められた身体を清めると・・・シルクの優しい肌触りに包まれて1人ゲストルームで深い眠りに落ちたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
バトン
いつも素敵なイラストを描いて下さる
HAIREIさんからバトンを頂戴しました

ですが・・・そのお答えはこちらではなくて
お引っ越しを計画中の場所に
差し上げております

http://syouko8138.blog46.fc2.com/
もう一つの<淑やかな彩>です

いまは旧作を再録しているのですが
少しづつ手直しをして
1話をまとめてアップしておりますので
よろしければそちらもごらんになってみてください
2月2日 23:04
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:53:12 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]