忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25 2006 / 01
「美貴様 宜しいんですね」
「祥子さんの麗しい声と香りを僕たちも堪能させていただきますよ」 3人の男性が鷹揚に頷いて乾杯の仕草でグラスをあげるのです

 
「では」 シェフはわたくしの身体をテーブルとテーブルの間にある窓際へと連れて行きました
わたくしを出窓のスペースに立たせ 手首を縛めたストッキングの端を・・・頑丈な真鍮のカーテンレールへと結びつけてしまったのです
出窓には天井にスポットが仕掛けられておりました
わたくしの身体は都心の宝石をちりばめたような夜景を背景に・・・ライトで白い肌を際立たせさせられたのです
「赦して・・・おねがい・・・」 わたくしは陵辱するための舞台のようなその場所で・・・ライトに晒されながら初めておあいしたシェフに犯されるのです それも3人の男性に娼婦のように鑑賞されながら
羞恥のあまり感情が高ぶってしまったのでしょうか 涙が頬を一筋つたってゆきました
「聞けません 祥子様が私に思い通りにしていいとおっしゃったのですよ」 シェフはわたくしのウエストに手を回すとガーターベルトのスナップを外したのです
「これはもう必要ありませんね」 
「あ・・・」 Tバックのウエストから4本のストラップを丹念に引き出して・・・美貴さんに手渡します
わたくしはまた一つ・・・身につけていたものを剥がれてしまったのです

 
その手はTバックのウエストにも容赦なく掛けられたのです
「やめて・・・おねがい」 つぶやくようなわたくしの声にシェフの手が止まりました
「まだ早いですね このランジェリーにはもっとソースを和えたほうが良さそうです」 腕を吊られたことで引き上げられた乳房に指をくいこませ躊躇うこと無くねぶりはじめたのです
「はぁ・・あぁぁ・・だめ・ぇ・・」 空調の効いたホテルのレストランとはいえそこは窓際だったのです 高層ビルのガラスごしにひしひしと冷気はわたくしの身体を覆っておりました
男性たちの責めに火照っている身体の奥と対照的に肌はひっそりと冷やされていたのです

 
「あぁあ・・ぁん やっ・・はぁぁん」 シェフの口唇の熱はまるで熱蝋をたらしたようにわたくしを責めるのです
「太ももよりも柔らかく魅力的ですね それにこんなに白くて大きくて・・なのに感じやすい」 ちゅぱ・・・一瞬強く・・身体をひくっと反応させてしまうほどに・・・なのに痕を一切残さない 
そんな愛咬をシェフは・・・愛撫に身じろぎするたびにたふたふと揺れる・・・Gカップの白い肌に繰り返してゆくのです
「祥子様の乳首は慎ましやかですね こんなに大きな乳房なのに敏感そうな姿をしている」 なのにわざと乳首を避け・・その分堅くしこる乳首を欲望に滾る視線でねめつけながら・・・吊り上げられた乳房の下辺やずっと晒されていた脇の膨らみまでも啄むのです
「やぁ・・ん・・は・・ぁぁぁ・ん・・」
レストランに向かった時からいままで 言葉責めと敏感な性感帯を外した肌への刺激をつづけられていました
「はぁぁ・・ん・・」 加えて適度なアルコールで感度を高められたわたくしの肌にシェフの唇はじっくりと官能を炙るような愛撫を加え続けるのです
「祥子様 いい香りです 感じてらっしゃるんですね」 じわじわと与えられる快感は必死に閉じ合わせた脚の奥で・・・わたくしに愛液を溢れさせてしまっていました
「あぁぁ・・ん・・だぁ・・め・・」 その上3人の男性に視姦されていることさえ忘れてしまうほどに焦らされて・・・いけないと思いながらも・・シェフの舌による快感の芯への刺激を・・・はしたない身体は求めてしまうのです
「ゆるし・・て・・・おかしく・・なりま・すぅぅ」
「これでどうですか」 シェフの大きな手が両の乳房をぎゅうっと引き寄せ・・・二つの乳首を同時に・・かぷっ・・と噛んだのです
「ああああっ・・・い・・ぃぃぃ」 甘噛みの衝撃とずっと焦らされた敏感な乳首の先端を舌先でねぶられる快感に わたくしは・・・逝ってしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
takehibiki様
ご無沙汰でございます
久方のコメントとてもうれしいです
お忙しいようですね
風邪も流行っておりますし寒い毎日
どうかご自愛くださいませ
そして・・・わたくしのところで暴発してくださっても
かまいませんことよ♪
これからもよろしくおねがいいたします
1月25日 13:51
祥子 URL 2006/08/28(Mon)12:47:00 編集
無題
祥子さんご無沙汰のコメントになります。。
が、
久々に詠みにきたら・・・脳漿に染み渡ります。。
舌先で舐る・・ 妄想が暴発しそうになってきた。
1月25日 11:09
takehibiki 2006/08/28(Mon)12:46:35 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]