忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21 2005 / 10
「だめ・・人がくるわ」 閉館まであまり時間がありません 退館するためにいつ他の来場者が通るかわからないのです
「あなたの身体はそうは言ってない」
「あぅっ・・・」 男性の指ははしたなく立ち上がった乳首をつまみあげたのです
「私と今夜過ごしてくださいませんか」 
「やめ・・て・・おねがい」 長い髪をかき寄せ敏感な耳朶を甘噛みするのです
「返事をしてください」 男性の威圧感のある声はわたくしの理性を従わせる力をもっているようなのです
「あぁぁ・・んっ」 男性の左手がわたくしの乳房を指の間に堅くなった先端をはさみこむようにしながら揉み込むのです
男性を素敵だと思い始めていたわたくしの身体は素直に彼の手と唇が送り込む快感に屈服していたのです
「いかがですか」 耳元にかかる熱い息にわたくしは首を縦に振ってしまいました

 
閉館まであと10分ほどでした
「私の部屋がすぐ近くなのです 一緒にワインでもいかがですか」 下りエレベーターに向かう通路で男性はそう提案をいたしました
「ええ あなたがよろしければ」 落ち着いた大人のカップルに見えたことでしょう 
「よかった それじゃそこで髪を整えて・・・そのワンピースを脱いで来てください そのスリップも」 男性はとんでもないことを言い出すのです それにどうしてわたくしのランジェリーがわかったのかしら
「なにを・・いうの」
「ちょっとした冒険です ふたりの夜を楽しむための ね そのコートをきちんと着ていればだれにもわかりませんよ」 あの・・・声でわたくしに魔法をかけるのです
「それにそのバッグならそのワンピースをしまってもおけるでしょう 閉館してしまいます さ、待ってますから行って来てください」 
美術館の閉館間際の化粧室でわたくしは髪を梳き・・・コートの下のワンピースとスリップを脱いだはしたない姿でトレンチコートだけを羽織って男性の元に戻ったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
40代のおじさま
40代のおじさま お久しぶりでございます
わたくしの・・・というよりも
お誘いくださる男性の方が素敵なのですわ
実はそんな素敵な一夜をすでにお過ごしなのではないですか?
10月22日 8:20
祥子 URL 2006/08/15(Tue)14:41:20 編集
無題
祥子さんのいけない情事って好きだな~
現実に経験できたら、思い出として鮮明にいつまでも記憶に残るだろうな
10月21日 23:54
40代のおじさん URL 2006/08/15(Tue)14:40:35 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]