忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23 2005 / 10
フロントフロアには警備スタッフと数人のお客様だけがおりました
美術館内には持ち込めなかった傘を取りにロッカールームに向かいます
入館口・退館口と2つの出入り口があるうす暗いスペースでした
男性は自らの傘をまずすっと取りにゆきました
「あなたの傘はどちらに?」 そしてわたくしの傘の場所まで3つのブロックを移動したのです
コートのポケットから鍵を取り出します 身体を傾け奥にある傘を取ろうとしたときです
「やめて・・だめ」 男性の傘の柄がわたくしのコートの前裾を引き上げるのです
「待っているのですから早く傘をとってください」 わたくしの右の・・・ガーターベルトに吊られストッキングが横切る・・・太ももがパンティの下部まであらわに晒されてしまいます
「・・ゃぁ・・」 簡単な鍵なのに恥ずかしさになかなか開けることができないのです
男性の傘の柄は5つ目の釦の所から裾に向けてゆっくりと滑ってゆくのです 裾はしだいに大きく開いてゆきます
「早くしてください それともその魅力的な脚をもっと見せつけたいのですか?」 かちゃっ・・・男性の声に煽られてようやくわたくしは自らの傘を手に出来ました
「ぁん・・お待たせしました」 傘の柄は止まり・・裾は元に戻されたのです
もう美術館の中ではないのにわたくしの声は密やかに・・・欲情にかすれてしまっておりました
「さぁ行きましょう」 男性はわたくしの手を取ると美術館のドアを外へと向かいました


ビルとビルの間はとびとびではありますが雨よけのファサードが設けられているのです
男性は傘をさすこともなくわたくしと手を組んだままで歩き出します
右手は男性にとられ・・・左手には傘を持ったままビル風が時折吹く中を歩くことになったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]