忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05 2006 / 09
長谷川さんだけでなく、この方達までわたくしのことを憶えていてくださったなんて光栄です。微笑んで、3人の方にグラスを掲げました。
「こんな風にお逢いして困らせてしまったかしら?」
「いや、誤解するならさせておけばいい。僕が祥子さんに逢いたがっていたのは本当のことだからね。」
「お上手ね、最近はライブにもお越しにならなかったのに。」
そうです。ライブどころか・・・昨年の秋・・・わたくしの背中に鞭痕を付けた夜に、また連絡するよとおっしゃってから、ずっと梨の礫だったのですから。
でも、それも長谷川さんなら何か訳がおありになったのかもしれません。
これ以上責めてみても致し方ないでしょう。
わたくしが取り上げたグラスを見て、長谷川さんも白ワインに手を伸ばされたのです。
「とにかく元気そうで良かった。」
「ありがとうございます。」
チン・・・ 二人はおどけた仕草で軽くグラスを合わせました。

そろそろ出航の時間のようでした。
長谷川さんとお話している間に、先ほどブリッジの下でご挨拶をしてくださった、石塚さんとお父様・お兄様の3人が会場に入ってらっしゃいました。
クルーの方達が、窓辺のカーテンを閉めてゆきます。
ふっと管弦楽の調べが止まったと同時にパーティルームの明かりが落とされました。
正面のステージにスポットが当たります。そこには、石塚さんのお父様がいらっしゃいました。

”出航に先立ちまして、竹上建設会長・石塚重孝よりご挨拶さしあげます。“
今夜の司会者の方でしょうか、女性の声でアナウンスがありました。
「こんばんは、TAKEGAMI DREAM NIGHT にようこそお越しくださいました。お盆休暇のこの時期、最近では工期に押されなかなか思うような休暇がとれないことも多いのですが、」
ははは・・・会場のあちこちで笑いが起こる。この気軽さが、ここにいらしている方達の陰の団結力の強さを感じさせます。
会場のそこここで、クルーの方達がお客様にシャンパンのグラスを届けてらっしゃいました。わたくしたちの前にも、二つ。
「せっかく都内にいらっしゃるならと、3回目のディナークルージングを開催することにいたしました。今年のお客様は日頃の行ないがさぞや宜しいのでしょう、今夜は偶然東京湾大華火大会とぶつかりました。航路が例年とは少し変わる様ですが特等席で花火をお楽しみいただけます。私共、竹上建設にご協力いただいている皆様へのささやかなお礼です。約3時間のディナークルーズをどうぞお楽しみください。」
パチパチパチパチ・・・・。会場にはすでに80名近いお客様がいらっしゃいました。全ての方からの握手を受けて、お見かけしていた雰囲気よりもユーモアのある石塚さんのお父様のご挨拶が終わりました。
”それでは、乾杯に音頭を竹上建設社長・石塚雅人が取らせていただきます。“
「こんばんは、石塚でございます。今夜はお盆時期の東京にも関わらず、たくさんのお客様がお越しくださって誠にありがとうございます。竹上を代表しましての挨拶はさきほど会長がさせていただいております。これ以上の長いスピーチは野暮というものでしょう。どうか皆さん、心行くまで東京湾の夜を満喫なさってください。乾杯!」
乾杯! いっせいに上がった声とともに、シャンパングラスが掲げられます。
カーテンが引き開けられ照明が輝き管弦楽の演奏が再開されました。
窓の外は、夕焼け空に変わっていました。

「長谷川さんは、竹上建設の方なんですの?」
このパーティが竹上建設のお取引先様をご招待してのものだと、先ほどのお二人のご挨拶でわかりました。その会場にいらっしゃるなら、長谷川さんもきっとそうなのでしょう。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]