忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 2007 / 02
さんじゅうく・よんじゅう・・・心の中で秒数をカウントし終えると手元の小さな穴明きお玉で、そっと白子だけを掬って鍋用の取り皿に・・・芯が透き通る様に出汁を含んだ長ねぎをいくつかそえて・・・高梨さんの前に差し出しました。
「よろしければ、ポン酢で召し上がってください。」
小さな青絵の片口には、さきほどこの晩秋に収穫したのだというたくさんの柚子を絞って贅沢につくったポン酢が入っていました。

「いただきます。・・・っあちっ・・・」
「ふふふ、そんなに慌てなくても。」
わたくしは、自分の器にも白子をとりわけ、鱈の身と長葱を添えてポン酢を垂らしたのです。棘のない丸い味のたれは、高梨さんが用意してくださった上質な鱈と白子にぴったりでした。
「いや、こんな贅沢な鍋はそうそう食べられるものじゃないな。」
おかわりの白子と鱈の身の器を受け取りながら、高梨さんがそうおっしゃいました。
「料理屋でも、鍋の一種だと思っているんだろうたらちり・ふぐちりだって結構雑多な食材が放り込まれているものだ。酷い店だと他の魚介が入っていたりしてね。淡白な魚そのものの味が楽しめなくなる。」
はふはふといただく白い身は鱈特有の香りと歯触りが、白子は柔らかなとろける様な甘さが舌の上を広がってゆきます。
「ほんとうに、旨いよ。」
4杯目のお代わりの器を差し出した高梨さんは、もう何杯目かの日本酒をふたりの切り子のロックグラスに注ぎます。
「たくさん召し上がってくださってうれしいわ。」
「これならいくらでも食べられそうだ。」
「あっ・・そうでした。」
お鍋と一緒に召し上がっていただこうと作ってあったものを思い出したのです。

キッチンの奥の冷蔵庫のガラスの器に、それは冷やしてありました。
「お口が火傷しないように、これもどうぞ。」
透明なクリスタルの器の中には、高梨さんがお出掛けする前に下ごしらえをしていたかきのもと・・食用菊・・が美しい紫色の花弁を横たえていたのです。
「あっ、さっきの菊だね。なんて言ったけ。」
「かきのもと、です。」
「ん、冷たくて旨い。ますます酒が進んでしまいそうだ。」
鱈を召し上がり、かきのもとに箸を伸ばし、手元のロックグラスの日本酒を煽る。
その高梨さんの姿はとても幸せそうでした。
お食事を初めて一時間半ほどで、お鍋も、おつまみの小鉢も全てきれいになくなってしまったのです。

「年越し蕎麦をゆでましょうか?それとも、なにか、小鉢でも出しますか?」
手際良くテーブルの上を片付け、洗い物を済ませたわたくしは、ロックグラスを前にものうげな高梨さんにそう声を掛けたのです。
二人でいただくには、充分な量のお食事でした。
でも、がっちりとした体格の高梨さんならもっと召し上がっても不思議ではないように思えたのです。
「いや、いいよ。これ以上飲んだら今夜祥子を抱けなくなりそうだ。」
「ふふふ、わかりました。それじゃもう一品、美味しいお酒のあてをお出ししましょう。」
「はははは・・・勘弁してくれ。ほんとうにもう腹一杯だ。きっと祥子のことだ蕎麦も美味しいと思うが、今夜はもういいな。ごちそうさま。」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様・桜草様
お二人とも日本酒がお好きなようですね。
わたくしは北のお酒も好きですが、滋賀や兵庫のお酒も香り高く好きなのです。
機会があれば、ぜひ桜草様の手料理で・・・おいしいお酒をご一緒したいものですね。
祥子 URL 2007/02/06(Tue)18:07:54 編集
祥子様
この場をお借りして申し訳ありません。

>柏木様 
もし間違いでなければいいのですが・・・。
桜草の好きなお酒 立山と黒龍 越の国のお酒ではないでしょうか?

祥子様・・・一品一品丁寧にこしらえられたお食事は日本酒にピッタリだと思うのです。
それも自分のお気に入りの日本酒グラスで飲むのは至福の時です。
飲みたくなっちゃたなあ・・・。
祥子様 柏木様 ご一緒して頂けます?
桜草 2007/02/05(Mon)23:03:27 編集
無題
鼻先に湯気がかすめる錯覚を伴うほどの描写に、感じ入っております。
これから乱れ舞いが繰り広げられるなど、予感しにくいほどですね。^^
今夜は高梨さんにつられて、日本酒を傾けることにいたします。
春なお遠き、越の国の酒です。
祥子さま。
そちらのほうも、イケそうですね。^^
柏木 2007/02/05(Mon)20:47:09 編集
忍者ブログ × [PR]