忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 2007 / 02
「あの、テーブルのお鍋の火を付けて下さいますか?」
「ああ、わかった。」
お鍋には昆布が敷かれてそろそろ3時間。水出しのいいお出汁が出ているころでした。
わたくしは鍋の材料と、今日の薬味、ポン酢・・・それから鴨ロースト以外のおつまみをテーブルに並べました。
・・・ゆず味噌のふろふき大根、きんぴらごぼう、そして烏賊の塩辛。箸休めの聖護院大根の浅漬け。
「ご馳走だな。」
高梨さんの頬が緩みます。海外にいらっしゃる時は、その土地のものを食べるのが正解だ・・・と以前ご一緒した時におっしゃっていたことがありました。
日本にいる時は、日本のものを堪能していただきたい。
わたくしの腕が高梨さんのお好みに合えばいいと願うばかりです。

「いえ、ほんとうに手料理ばかりで。」
「いや、そういうのがいいのさ。ほら、とりあえず乾杯しよう。」
高梨さんは今夜はお酒の係をしてくださるようです。
赤い被せガラスの切り子のロックグラスにまあるい大きな氷を1つ。そこに久保田の万寿を注いでくださいます。ご自分は青いグラスに同じお酒を同じ様につくられて・・・でもまだ乾杯をするとはおっしゃいませんでした。
細身のクリスタルのタンブラーを2つ冷凍庫から出してらっしゃるのです。室温で霜が降ったように白くなったグラスには、細かい泡の立ち上るミネラルウォーターを注いでくださいました。
「このボトルって確かオーヴェルニュ地方のものでしたよね。」
シャンパンと見まごうほどの細かな泡。
ボトルに張られたラベルに燦然と輝く太陽王の印。
「シャテルドンを知っているとは通だね。この間パリコレの時にオーダーしておいたものがつい先日届いたんだよ。硬水だが、僕はこうして食事と一緒に楽しむのが好きでね。きちんと芯のある味の食事にはぴったりだと思っている。祥子さんは、どこで知ったんだい。」
「いえ、たまたま先日クライアントとお食事に行った先で、お水のソムリエさんに薦めていただいただけなんです。」
「ははは、これを用意できる店といえばクラスがわかるよ。よほどそのクライアントは祥子のことがお気に入りなんだね。」
「ふふふ、やっぱり高梨さんてグルメだわ。」
クライアントのことを詮索する方ではないとわかっていても、ついふっと・・・話題を逸らせてしまいます。
わたくしの声の調子に気付いたのでしょう。
それ以上は聞かないよ という意味を込めて、高梨さんは大きな声で笑って下さいました。
「ははははは・・・お世辞はいいさ。さっきから腹がぐぅぐぅ鳴ってるんだ。もうお預けなんて言わないでくれよ。」
「はい、それじゃ良い年を迎えられます様に・・・乾杯♪」
「乾杯。」
チン・・・日本酒のロックグラスを合わせる乾杯は、なんて高梨さんらしいのでしょう。
常温でも美味しい万寿が、氷で冷やされほんの少し溶け出した水で柔らかくなってわたくしの喉を滑り落ちてゆきました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]