忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23 2007 / 01
「ああ、うちの母はここらへんのものは買ってきていたみたいだからな。」
栗を2/3ほど、きんとんの中に混ぜ込みます。
「あまり甘いものはお好きじゃありませんでしたか?」
「よくそう言われるが、実は好きなんだ。でもさすがにこの鍋の中身は二人分には多そうだな。」
「ふふふ、そうかもしれませんね。」
煮たのはさつまいも1本分でした。でも、立派な大きさのそのお芋からは結構な量の栗きんとんが出来上がっていたのです。
「なにか器に半分ほど詰めてくれないか?」
「はい、構いませんけれど。どうなさるの。」
「白雪のグルーミングのお礼に持って行こう。」
「えっ、他所のお家に。」
「いや、さっき白雪を預かってくれた奥さんが、今年はきんとんを買い損なったっていう話をしていたからな。こんなに旨そうなものなら喜ぶだろう。」
「味見をしてくださらない?」
まだ一度もお会いしたことのない方の家に・・・・。突然の高梨さんの申し出にわたくしはびっくりいたしました。どんな方にも好まれるお味だと自惚れるほどには、腕があるわけではないんですもの。
「祥子が確かめた味なんだろう。」
「ええ。」
「だったらそれでいい。頼む。」

確かにこのままの量を二人で食べきれるかといえば・・・難しいかもしれません。
「わかりました。ちょっと待っていてください。」
わたくしは、背後にある食器棚から白地の深い小鉢を2つ取り出しました。
器を濯いで・・・そこに、いま作りたてのきんとんを盛りつけたのです。
中高になるようにこんもりと、続いて混ぜ込むことのなかった栗をアクセントになるように表面に数個並べました。
それから、薄紅に色づけをした花びら型の百合根をその上に散らしていったのです。
「ほお、ここに使うためのものだったんだね。」
「ええ、ちょっとした添え物なだけですが。」
「いやいいよ。まるで和菓子のようだ。」
カシャ・・ カシャ・・・
今度は調理台の上に二つ並んだ器までフィルムに収めるのです。もう、交換したフィルムは4本目になります。
「恥ずかしいわ、もう。」
「祥子の手は綺麗だね。爪はきちんと摘まれているし、マニキュアをしているわけでもない。女性としては少し大きいくらいだろう。」
「ええ、もう・・・手のアップなんて。」
そうでした。わたくしは身長も女性としては高い方でしたが、同時に手足もすんなりと大きかったのです。若い頃は、時として男性よりも大きな手がコンプレックスだったこともありました。
カシャ・・ カシャ・・・
「いや、こういっては失礼だがね、なまじなモデルの手より数段若くて女らしい。関節がごつごつと主張することもない。カメラから見ると指に関節なんかないんじゃないかと思うくらいだ。こんなにまめに水仕事をしているのに、荒れてもいない。冷たい水を通すとすっと白くなって・・それから指先だけが紅色に染まる。そしてね、佇まいが本当に綺麗なんだ。いつも指先まで神経が通っている様に、綺麗な型になっている。」
器の1つにラップをし引き出しにあった小布で包んだものを高梨さんに差し出したのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
そうですね。
本当に・・・惜しみなくシャッターを切る、という感じです。
1つのショットに20カットは当たり前だそうです。
デジカメならデーターを落とせば済みますが、フィルムカメラだと何十本も現像するわけですから、趣味ならとても贅沢なものになってしまうでしょう。
暗室まで自宅に持つ高梨さんだからこそ・・かもしれませんね♪
祥子 URL 2007/01/25(Thu)08:08:12 編集
無題
プロのカメラマンはカシャカシャとなん枚も撮るそうですね。
そのなかで得られるベスト・ショットはただの一枚だったりとか。
私もカメラを握るときは、あやかろうとしたこともありましたが。
凡才は凡才なりに、駄作を数十枚余計に重ねるだけに終わるようです。(苦笑)
このお話では、どのようなベスト・ショットが用意されているのでしょうか?
愉しみにいたしておりますよ。^^
柏木 2007/01/24(Wed)21:33:06 編集
忍者ブログ × [PR]