忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
66 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56
30 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あと3駅でしたっけ 祥子さんの降りる駅まで」 紺のスーツのままでむき出しにした猛りをわたくしの太ももと柔らかな狭間に抜き差しする男性は腰の動きだけを早めながらわたくしに質問します
「あん・・・そうですぅ・・・んふ・・」 通常の行為では得られない快感になんでもない答えにさえ喘ぎを織り交ぜないではいられないのです
「それじゃそろそろ僕を満足させてください」 こんなにはしたない行為を強いていて・・これ以上何を求めるというのでしょう
「僕もいかせてもらいましょうか 祥子さん」 反り返った先端はほとんど花びらの奥を狙うかのように動き続けています 
大きく成長した真珠はわたくし自身が溢れさせる愛液でぬめひかり男性の長い塊のごつごつした起伏にすら刺激されているのです
 
「どうしますか?祥子さん このままこの太ももに射精して足首まで精液をたらしながら駅に降りてもいいんですよ」
「いやぁぁ・・・」 栗の花の香りをまといつかせ歩くたびにねちょねちょと音を響かせながら連結部から降車側のドアに向かい改札までの長いエスカレーターを上がる そんなことは考えられませんでした
「それともフェラチオでいかせてくれますか?その唇と喉でいかせてください」 きつく閉じた太ももの狭間に強く熱い塊を打ち付けながら 舌でなめまわすような淫らなキスを繰り返すのです
「今日はたっぷり出てしまいそうですから 一滴残らず全てのみほしてくださいね」 じゅるっっっ・・・・男性が唾液をすすり上げる音が響きます
「そんな・・こと・・・あぁぁ・・・で・・きない・・・」 電車の連結部で・・・すぐ窓の外に多くの人が居る中で・・・男性の大きな塊を喉の奥までつかってフェラチオする・・・それも最後には精液を飲み干さなくてはならない あまりの提案に首を横にふるしか出来ませんでした
「いいんですよ 祥子さんが僕たちと一緒に終点まで行って ホテルで一晩ゆっくり二人を満足させてくれても ね」 次の駅に近づいたのか電車は速度を緩めはじめました
「さっきの彼も満足してるわけじゃないから一晩たっぷり可愛がってあげますよ そうしますか?」
 
わたくしは・・・今夜初めての男性にお茶室の床柱に縛られて嬲りつくされ・・・ガラス窓の前で後から犯されたばかりなのです
すでに快感で一人で立っていることさえ辛いほどになっていました
はじめての行為はもう何度もわたくしを頂きに上り詰めさせていたのです
 
電車が止まりました
ドアの外の人が動き出した気配に・・・わたくしは不安定な足もとに跪いて・・・わたくしの愛液に茂みまで濡れた熱くて長い塊を・・・喉奥まで飲み込みました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
蝉時雨の庭 7、8は…
ないですよね??

又今日も、こんな時間…
でも…
まだ読み終わってないの~~~(><)
9月20日 5:11
めい URL 2006/08/06(Sun)12:24:19 編集
柏木さん
柏木さん コメントありがとうございます

この一行は<蝉時雨の庭 7、8>での出来事のことなのです
ご想像いただいたような内容でしょうかしら

あの夜も日付が変わる前に帰宅できたはずですのに
とても長い夜でしたわ
9月18日 0:10
祥子 URL 2006/08/06(Sun)12:23:09 編集
無題
>今夜初めての男性にお茶室の床柱に縛られて嬲りつくされ
たったこの一行だけで、なにからなにまで想像してしまいます。
少しSMチックな情景になってしまうのは、私の悪趣味のせいでしょうね・・・^^
9月17日 22:26
柏木 2006/08/06(Sun)12:22:40 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]