忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 53
25 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「んくぅぅぅ・・・ちがい・・まぁ・・すぅぅ」 
前に座るクールビズの男性の手のひらはわたくしの太ももにはさまれてこれ以上は進みません 丁度指先が真珠と花びらの表面をなでる位置で・・・何度も指先だけを前後に動かすのです
「んっぁ・・・ぁは・・ぁぁ・・・」 快感から逃れようとわたくしはつい腰を動かしてしまいました
今夜・・・蝉時雨の庭で責められ何度も達して・・・その余韻もおさまらない身体を それも人目を気にしながらの微妙なタッチで嬲られるのです
「おとなしくしないからですよ 祥子さん」 ちゅ・・・くちゅ・・男性の指が動くたびに響く淫媚な音は線路の音でかき消されていました
「いけないひとですね 聞き分けがなくて」 そう言うと隣の男性はわたくしの身体の向きをわずかに連結部のほうに向けたのです
そして左手はつり革につかまったままに・・・後からぴったりと身体を押しつけそして恋人同士が戯れているかのように右手をわたくしの肩先から胸元に下ろすのです
「ぃゃぁぁ・・・」 わたくしの腰には既に熱く滾っている男性の塊が押し付けられました
さりげなく下ろされているような胸元の手は 人差し指と中指の間に堅くしこりたつ先端を挟み込んでいるのです
「そうして腰をうごかしてくれると 気持いいですよ くっくっくっ」 耳元でスーツの男性が囁きます その一言でわたくしは身じろぎをすることもできなくなりました
 
次の駅が近づいてきました 減速する車両がそのことを知らせます
 
「さあ 祥子さんの繁みを見せていただきましょうか」 目の前に座るクールビズの男性がとんでもないことを言い出すのです
「はやくしないと ホームに溢れる人に祥子さんの痴女姿を晒すことになりますよ」 次の駅は多くの人が乗り降りするこの路線でも有数のターミナル駅でした
「それとも 祥子さんは見せつけたいのかな?」
「ちがいます・・・恥ずかしいことは・・あん・・やめ・・て・・くださぁい・・ぃぃ・」
「いまなら彼だけが楽しむだけですよ いいでしょう」 後に立つ男性からも前の男性からも顔をそらせました
窓に映り込んでしまうであろう自らの姿からも眼を背けるしかありません
オープンクロッチの愛液に濡れたむき出しの太ももがエアコンで冷やされた空気に直接ふれます
「いい眺めですよ 祥子さん」 ふうっっと男性の熱い息を繁みにかけられてぴくん と身体をふるわせてしまいました
「手触りだけでなく見た目も柔らかくてしなやかなんですね」 手でさらっと表面をなでるのです
 
次の駅に到着するアナウンスが流れました
「おねがい・・です・・もうやめ・・・にして・・・おねがい」 手すりを掴む指が白くなるほどに羞恥心を煽られてわたくしは男性に哀願するしかありませんでした
ぬるぅっ・・・・ 男性の2本の指が柔らかな狭間に侵入し・・・真珠と花びらを数度擦りあげました
「・・・ぁぁああぁ・・・」 車窓がホームの明かりでわたくしの姿を映さなくなる寸前に・・・抜き出された男性の指でわたくしは地下鉄の車内で登り詰めさせられてしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]