忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20 2006 / 02
「祥子さん もう少し・・・こちらへ」 フェラチオに夢中になっていたわたくしのしっかりと閉じられた太ももを石塚さんは愛でていました
上半身を捩るようにして伏せた黒のパンティストッキングだけの下半身をうつぶせにしようと腰の向きを動かすのです
石塚さんの声に合わせたのでしょうか
フルフラットにされた背もたれの方へ 山崎さんはまた少しずり上がりました
わたくしの唇は山崎さんの昂った塊を追い 身体は自然にシートの端に腰が来る様にうつぶせにされてしまったのです
「あん・・・だめ・・・」 しっかりと引き寄せていたわたくしの膝をシートの下へ・・・そして石塚さんの膝を跨ぐ様に大きく開かれてしまったのです
「美味しそうなヒップだ 露出してますます艶やかになったみたいですね 祥子さん」 石塚さんの両手はわたくしの膝をがっしりと掴み・・・彼の熱い息とそれよりも熱い視線がわたくしの蜜にまみれた狭間に置かれていました
「胸で逝くだけでこんなになってしまうんですか 祥子さん それとも本当は露出も好きなんですか」 
「ちがいますっ・・・」 指を山崎さんの塊に這わせたままで・・・反論の声を上げたのです
「祥子さん 口がお留守ですよ この先は山道ですから口では危険なのでね 今のうちに さぁ」 わたくしの頬を撫でる指が・・・わたくしの頭を山崎さんの脚の間に引き寄せるのです
ん・・ぅくっ・・・くちゅ・・・ 前歯を唇で覆うようにして・・わたくしは塊を口腔に含んだのです 
 
高速道路を制限速度ぴったりに走る車は それでもそろそろ碓井軽井沢にさしかかっているはずでした
「真っ白な愛液をこんなに溢れさせてますよ 黒のストッキングに あぁこんなにくっきり」 石塚さんの指が・・・パンティストッキングの縫い目を花びらの狭間にくぃくぃっと食い込ませるのです
「・・ゃ・・ぇ・・くぷっ・・」 やめてくださいと声を上げることすら・・・山崎さんは許してはくださいません その大きな塊を口枷のように喉奥まで押し入れてわたくしの声を封じるのです
「ガーターストッキングの祥子さんも魅力的ですが こんなに淫媚な印をはっきり眼にすることはできませんからね 黒のパンストも捨てたものじゃないな」 ずずっずっ・・とストッキングの薄い繊維越しに・・・わたくしの花びらを・淫らな真珠をすすり上げるのです
「・・ぁぁ・・っぅく・・ぁ・・」 どんなに喉奥まで咥え込まされていても・・・淫らな喘ぎは漏れてしまったのです
 
車に戻ってからの乳房へのお二人の口戯で達したことだけが原因ではないことくらい わたくしが一番わかっておりました
あのパーキングエリアの化粧室でどれほど清めても そのまま毛皮のコート一枚でエリア内を歩かされることにどれほど淫楽に身体が反応してその行為を無にしているかということくらい
その上お二人に野外露出を強要されそうになっていたのです 車に戻る前にどれほど・・・もう一度化粧室へ・・・と言いたかったことか
 
わたくし自身は露出への嗜好はほとんどないものと思っておりました
そもそも・・・自らの身体をセクシャルな意味で晒すことはタブーだという意識をずっと持ち続けていたからです
男性の目の前で身支度をしない それほどに・・・わたくしにとって身体を晒す行為ははしたないことだったのです
なのに・・・この方達と初めてお逢いしてから わたくしは図らずも2度このような行為をさせられていました
一度は蝉時雨の庭のライブからの帰りの深夜の地下鉄で もう一度は年若いセフレにせがまれて深夜の住宅街で
どちらも人目の少ない・・・夜の闇の中でのことでした
そしてその行為は信じられないほどに破廉恥な時間をわたくしに与えたのです
もう2度としてはいけない そう心に決めておりました
これ以上経験を重ねたら わたくしにとって犯すべからざる禁忌を・・・淫らな悦びの為に・・・求めてしまう身体になってしまいそうだったからです
 
その扉をわたくしはこのお二人に開けられてしまったのです
どんなに理性で否定をしても・・・わたくしの身体はあの忌むべき時間を淫楽に満ちたひと時として受け入れてしまったのですから
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]