忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25 2006 / 02
「祥子さん こちらへ」 ぐったりと腰を落としたわたくしを山崎さんが引き起こします まだ達した余韻に喘いで淫らな汗をうっすらと染み出させるからだにシャドーフォックスのコートを掛けるのです
「もうそろそろ町中ですからね」 そう言いながらもリアシートの背は中途半端な位置にまでしか戻しません
料金所で石塚さんが座ってらした場所に脚を揃え・・・昂った塊をそのままに山崎さんが座ります えっ・・そんな姿のままで?わたくしにまたフェラチオをして覆い隠せと言うのでしょうか
「祥子さんはここに来てください」 山崎さんが指し示したのは・・彼の膝の上だったのです 
「えっ・・」
「運転席の方を向いて後ろ向きに跨がるんです さぁ」 躊躇するわたくしの・・・快楽に浸されて力の入らない身体を・・・二人の手で言われた姿勢にされてしまったのです
 
「ぁ・あぁぁ・・あうっ・・っく」 お三方のなかでもっとも大きな塊が裂かれた黒のパンティストッキングの破れ目からわたくしの蜜壷に入り込むのです
「力を抜いてください 祥子さん あなたなら僕のものを全て飲み込めるはずです」 先ほどの石塚さんの指戯でわたくしの身体はどうしようもないほどに濡れそぼっていました・・・山崎さんのジーンズを汚してしまいかねないほどに 
「はぁぁぁ・・・あぁぁっ」 わたくし自身の唇と舌で唾液を塗り込めてすべらかになった塊は みしみしとわたくしを押し広げながらも・・最奥まで・・・・入り込んでわたくしの子宮を突き上げたのです
車高の高い車とはいえ・・・男性の腰の上に跨がったわたくしの頭は天井の内装に突き当たっていたのです それはまるで身体を上から押さえつけられた様に山崎さんの塊の責めから逃れる場所をも失わせていたのです
「そう このままでいいですよ 僕も祥子さんも動かなくてもこの雪道が ほら」 ボコボコと不規則に上下する除雪された雪道の轍はまるで疲れを知らない電動の玩具のように山崎さんの大きな塊でわたくしの蜜壷を責めるのです
 
「だ・・め・・ゆるし・・て・・あぁ・・」 自由になった手で声を抑えようとしたときです わたくしの前に石塚さんが向かい合わせに身体を押し入れてきたのです
「んくっ・・」 無言のままで唇を重ねたのです そしてその手はコートの前を開けてわたくしのGカップの乳房を弄ぶのです
「・・んん・・くぅぅ・・ん」 
「祥子さんのバストはほんとうに感じやすいんですね 石塚が悪戯したんでしょう 僕のをこんなに締め付けている」 山崎さんの手がコートの下の彼を飲み込んでいるわたくしの腰を撫で回します
ふっと腰回りのコートが後から引き上げられました
「これは ふふ ほんとうにレイプされたみたいですね ストッキングの裂け目から見える肌を思い切り辱めたくなる これは他の男性には見せられないな」 背を倒した姿勢のままで山崎さんんは大きな塊でわたくしを犯しつづけるだけでは足りないのでしょうか 言葉責めまでも繰り返すのです
 
「・・ぅんくぅぅ・・・ぁぁ」 車の振動が突き上げる塊はわたくしを責め立て続けました 予期せぬ場所を予期せぬ強さで・・でも休むことなく刺激しつづけるのです 
わたくしははしたなくも幾度も身体を・・そして蜜壷をわななかせてしまっていました
「祥子さんの唇は上も下も気持いいな」 石塚さんが唇を離して・・代わりに先ほどまでわたくしの中を抉りたてていた右手の中指と人差し指をわたくしの唇に押し込んだのです
「んぐぅっ・・」 ちゅぱ・・・ 淫らな自分自身の蜜の味が口内に広がります 
でも今は・・その屈辱よりも淫らな喘ぎを堪えることの方を選んだのです 
前戯とはもう言えない行為を車内で強要されている今 せめてはしたない声を結城さんには聞かせたくなかったからです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
車の中ですから・・・わたくしはまさかここまでとは思ってもいませんでした
ただ昨晩 山崎さんは最後までいってらっしゃらなかったので
できるだけお応えしたいとは思っていたのですが・・・こんなこと・・あぁ
2月26日 10:20
祥子 URL 2006/08/28(Mon)13:32:17 編集
祥子様
こういう状況になるのではと思っておりました。
指で逝かされてだけではすまないと・・・・・
山崎様の大きな塊で犯されてしまわれるなんて・・・
なぜかこの身が熱くなります。

行きの車の中でこの状況です・・・
別荘に入った後は・・・と考えると、今までのどのお話より過激になるのでは。

ああ・・・苦しくなります

2月25日 18:23
桜草 2006/08/28(Mon)13:31:47 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]