忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23 2006 / 02
「今日は山崎にばかり優しいんですね 祥子さんは」 ピリッ・・・ 石塚さんの指がパンティストッキングを裂くのです
「ひぃっ・・・だめ・・」
「ふふ この景色が見たかったんです ずっとね」 ピリリッ・・・ 今度は右側が・・・でも左側と同じに濡れそぼったパンティストッキングは大きくは伝線して行かないのです
「祥子さんのは本当に綺麗です こんなに熟した女性のものとは思えないくらいこじんまりしていて」 その僅かな裂け目さえ彼の加虐心をそそったのでしょう
「・・ピンク色で それがしっとり色づいて 真珠色の滴までしたたらせて」 じゅ・・るぅっ・・・ ほんの僅かな裂け目ごしに・・花びらを啜るのです
「はぁうっ・・・」 黒のストッキングの裂け目に押し付けられる花びらの痛みと石塚さんの唇と舌の快感が同時にわたくしを襲うのです
 
そのまま見つめられ続けても 恥ずかしさにわたくしは喘ぎを漏らしてしまっていたことでしょう
視姦よりも数段刺激の強い口戯に・・・両手を使えないわたくしは漏れる淫媚な声を山崎さんの塊を口にすることで抑えるしかなかったのです
「昨夜は香りしか楽しめませんでしたからね ふふ 祥子さんの蜜は美味しいですよ」 じゅる・・ぅぅ・・ そして今度は左側の裂け目から
「ん・・ぁあ・・っ・・」 
繊細な糸で編み立てられたパンティストッキングは脚部の繊維はほんの少しの引っかけにも伝線をつぅぅっ・・と走らせてしまうのです でも左右の脚部の縫い目は人の指では切れないほどにしっかりと縫い合わされているのです
その縫い目が・・・わたくしの花びらに縦に食い込み・・真珠の上をいやがおうにも擦り立てて・・・痛みと淫楽を送り込み続けるのです
革のシートに擦り付けられる乳房の先にまでも届くほどに・・・
「やめ・・て・・・はぁ・・」 まるで恋人同士のディープキスのように石塚さんはストッキングの裂け目ごしの口戯を繰り返したのです
「いいんですか 止めたらすぐにシートに祥子さんの愛液が滴り落ちてきそうですよ」 そんなことは・・ないはずです でも 否定し切れないほどにわたくしの身体は疼き高ぶっておりました
「おねがい・・いたい・の・・」
「わかりました もっとずたずたにしていいんですね」 わたくしのひと言を待っていたかのように 石塚さんの指はストッキングをめちゃくちゃに引裂きはじめたのです
 
「あぁ・・だ・めぇ・・・」 太ももの内側はどちらもロングブーツの中までも伝線が走ってゆく感触がいたしました それも数本・・・
それ以外にも何本も・・・きっと黒のストッキングからわたくしの太ももの白い肌が透けて見えていることでしょう
「まるでレイプされたみたいです こんな姿の祥子さん絶対に見ることなんて出来ない たまらない・・な」 ランジェリーを付けてない・・・黒のパンティストッキングがめちゃくちゃに破られた姿 ストッキングから覗く秘所
「やぁ・・・」 カシャ・・カシャ・・・ 峠道でほんの少し速度を落として車が止まった瞬間に・・・携帯のカメラの音がいたしました
「僕の宝物だ こんな姿」 ぬりゅっ・・・石塚さんの指が花びらに差し入れられたのです
「はぁ・・ぁぁ・・んくぅ」 今朝目覚めてから・・・はじめてだったのです こんなに何度も溢れさせ・・もう幾度も快感に身を捩ったのに
「あぁ・・やめ・て・・こえがぁ・・あぁぁ」 ちゅく・・くちゃ・くちゅ・ 胎内を直接指でかき回されてはじめてそこにどれほどの疼きを溜め込んでいたのかを身をもって知ったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様・桜草様
桜草様
アップしたイラストを楽しんでいただけたようでとても嬉しいです
最近はHAIREIさんにアレンジを監修していただきながら
できるだけ多くの場面をと思ってつくりあげております
こちらでは文中に上手にアップできないものですから
原画のままの大きさでギャラリーのようにアップさせていただいております

物語と一緒に楽しんでいただくのは・・・FC2版で♪
既にアップした作品に少しづつイラストをプラスしています
最新のアップ情報はFC2の<閑話休題2>をご参照ください

ストッキングを裂かれる場に・・・共に・・・
結城さんだけでなく 桜草さんまでいらっしゃるなんて思ったら
わたくしは本当に息も顰めてしまわなくてはならなくなってしまいますわ


柏木様
きっと・・・とてもお好きなシーンなのではないかと
石塚さんのなかに柏木さんが潜まれているのではないかと思うほど
彼はこの行為に夢中になってらっしゃいました
こんな姿に男性は昂るものなのでしょうか
2月24日 20:23
祥子 URL 2006/08/28(Mon)13:28:36 編集
無題
イラストが何点かUPされてて素敵です
それに・・・ストッキングを引き裂かれて口戯で愛されて・・・
すぐ傍で見ているような感覚になってしまいました

花びらに指を差し入れられて、さらに溢れさせていく愛液を
唇と舌で味わってみたい・・・

そのように愛されても声を我慢して・・・・余計に熱くなりますね
2月23日 22:28
桜草 2006/08/28(Mon)13:27:59 編集
無題
ひそかに期待していたシーンですな。^^
ストッキングを引き裂く特権を得たのは石塚さんでしたか。
お言葉にあるとおり、それはまさにレイプどうぜんの辱め。
足許をよぎるかすかな悲鳴のような音・・・
引き剥かれる音がするたびにほぐれてゆく、しなやかな束縛・・・
淑女の趣きがめくるめく変貌を遂げる瞬間・・・
眼を見張る思いです。
2月23日 20:44
柏木 2006/08/28(Mon)13:27:33 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]