忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 2006 / 02
「運転席まで聞こえそうだね 祥子さん 恥ずかしい音が あんなにストッキングを濡らしてたのに ほら まだ奥から溢れてくるよ こんなに真っ白な愛液が」
「いやぁぁぁ・・・」 あらゆる手段を使って火をつけられた身体は石塚さんの節くれ立った太く長い指にさえ反応してしまうのです
「ふふ そんなにいいかい ほら ここかな」 中指の腹が擦り立てる腹部側の・・男性達が数の子だと悦ぶ感じやすいポイントはずくずくとした快感を送り込んでくるのです
「ぁぁ・・だめぇ・・そこぉぉ・・」 わたくしは山崎さんの塊にすがりつく様にして高まってゆく喘ぎ声を抑えていたのです 
「こんなに僕の一本だけの指を締め付けて ほんとうにいいですね 祥子さんの中は」 いつしかわたくしの身体は出し入れされる指を惜しむ様に・・・縋るように締め付けていたのです そして彼の指でも届かない再奥のもっとも感じる部分にはより一層の疼きを詰め込んでいるのです
 
「あと5分ほどで軽井沢の町です」 カーテンの向こうのBGM越しに結城さんの声が響きました 彼女の声にわたくしはきゅっ・・っと石塚さんの指を締め付けてしまったのです
「ああ わかった 今日は大丈夫だろう 大人しくするからカーテンを開ける必要が出来たら教えてください」 山崎さんが何の感情も交えないビジネスライクな声て・・・わたくしの唇と舌を彼の塊にまとわつかせたままで・・・結城さんに指示をします
「さすがにこの姿を隣にならんだ車には見せられないだろう」
「そうだな 祥子さん 逝ってください」 
 
パンティストッキングの縫い目を払いのける様に 石塚さんの左手が押さえつけられ・擦られてきた真珠の表面に触れたのです
「あっ・・・あぁぁ・・ゆるし・て・・ぇぇ」 一度引き抜かれた右手の中指は人差し指を添えられて・・・蜜壷に押し込まれたのです
くちゅ・・はぁぁ・ん・・ちゅぷ・んぁあ・・いぃぃ・・・ちゅく・ぁぁあっ・・だ・・め・ぇぇ・くちょ・・
「そんなに腰を振って いいんですね 祥子さん」 激しく抜き差しされひくつく内壁をこすりあげる石塚さんの指先と・・・触れているだけなのに快感に跳ね上がり揺れる腰の動きが自ら招いてしまう真珠への淫らな刺激がわたくしを容赦なく押し上げてゆきました
「あぁぁ・・だめ・・・ゆるして・・・」 同性の結城さんのいるこの車内で・・・男性に蜜壷をかき回されて逝くなんて・・はしたないことだけはできません
「逝きなさい 達するまで許しません それともこの淫乱な姿を見せつけたいんですか 隣の車のドライバーに」
「ぃやぁぁ・・あぁ・・ん・・」 軽井沢の駅前を抜ける18号線は片側2車線です 雪の豊富な今年のスキーシーズンの元旦・・・車の量は・・だめ・・そんなこと
「祥子さんは見られたいんですね こんなに蜜を溢れさせて あの日常の慎ましやかな姿かはとても露出好きとは思えませんでしたがね」
「ちが・・い・・はぁぁ・・ま・・すぅぅぅ」 指の動きを早め・激しさを強め・・・言葉にも淫らさを増して・・・わたくしを嬲ります
「この姿を全く知らない男達に見られながら逝きたいんですか 祥子さん 露出好きの淫乱熟女」 
「ひどい・・いやぁぁ・・」 結城さんの前では言われたくなかったあからさまな淫語での言葉責めにわたくしはうろたえていました 
「なら逝くんです 僕の指でね 山崎のを美味しそうにいつまでもフェラしてないで ほら!!逝くんだ 祥子さん」心の動揺は・・身体のガードを一瞬くずしてしまったのです わたくしの身体の揺れにまかせていた蕩けた真珠に添えられた左手の中指が意志を持って嬲り始めたのです
「はぁぁぁ・・・だめぇぇ・・いくぅぅ・・いきますぅぅぅ」 淫楽を受け入れた身体は一瞬の内に内と外との刺激に悶え・・・頂上に駆け上がってしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
山崎さんがこのような場に結城さんを連れて来ているのは
はじめてだったのでしょうか・・・それとも
彼女のプロとしての意識は別にしても
こういうことはもしかしたら初めてではないのかもしれません

たとえ 解り切っていると言われてしまいそうな状況でも
改めて言葉として伝えられてしまうこととは別です
お二人が普段は紳士だからこそ
結城さんが耳にする声には淫らさというギャップが含まれいっそう彼女を
様々な感情に駆り立てたのではないでしょうか
2月25日 10:39
祥子 URL 2006/08/28(Mon)13:30:49 編集
祥子様
やはり淫語での言葉責めはあなたの中に火をつけて・・・いえ大きな炎となって
しまいましたか・・・。

あなたの口から出る「否定の言葉」とは裏腹に体は登りつめてしまうのですね。
その状況を結城さんはどう感じてたのかしら・・
2月25日 8:27
桜草 2006/08/28(Mon)13:30:27 編集
かず様
逝かされたくはなかったです
同性の方が運転されている車の中でなんて
でも・・・だからといって見られたいわけじゃないんです
そんなはしたないこと決してできませんわ
2月24日 20:14
祥子 URL 2006/08/28(Mon)13:30:02 編集
無題
祥子は、本当は逝かされたくなかったんじゃないのかナ?
隣を通る車の男たちに、祥子の淫らな姿を見られたい…って思いも・・・?
 かず

2月24日 9:54
かず 2006/08/28(Mon)13:29:41 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]