忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27 2006 / 03
「ゆるして・・こんな姿・・ぃやぁ・・」 カシャ・・カシャ・・・様々な角度からわたくしの淫らな姿はフラッシュを浴びせられ記録されてゆくのです
「ふふ このまま犯したくなる姿ですね」 わたくしが顔を背けた・・・右隣にいらした美貴さんは着物ごしにご自身の昂った塊のシルエットを露にさせて見せつけるようになさるのです
「せっかく祥子さんが許してくださったのです もう少しですから我慢しましょう」 左隣に移られた山崎さんが美貴さんを諌めます
 
「少し熱いですよ」 石塚さんの声の後・・わたくしの茂みの部分に熱く絞られたタオルが掛けられました
そして同じ熱が左右の首筋と肩口にもひろがったのです
「少し震えてますね まだ寒いですか?」 芯まで温められるような自然のあたたかさを肩から胸元に掛けて動かしながら山崎さんが問いかけます
「・・・いいえ」 そう口にしながらも身体の芯までとどいた冷気はまだわたくしの身体からは抜け出てはいませんでした 
辱めと暖炉の炎で火照った肌の中から・・・時折すうぅっと寒さが上ってくるのです 
その冷たさと・・これから行われることへの恐れがわたくしに小さな震えを与えていたのでしょう
第二次性徴をみてから・・・はじめて秘められた茂みを失うのです それも男性の手によって 極めて淫らなそのシチュエーションが最もわたくしを打ち震えさせていたのです
右と左から腕と肩・・・白い・・縛り上げられた乳房へもお二人の手で次々とあたたかなタオルが当てられてゆきます そしてお湯で暖められたタオルで濡れた痕を柔らかなタオルで拭き取り優しく摩擦されるのです
 
「腰を浮かせてください」 石塚さんの手で茂みのタオルが取られました そしてわたくしの腰の下にいくつかのクッションが置かれたのです
「・・あぁ・・」 M字に開かれた脚の中で腰だけをせり上げるような姿に・・・されてしまったのです
「動かないでくださいね」
シャキ・・・シャキ・・・シャキ・・・ わたくしの茂みを軽く引かれる感触の後、鋏が動いてゆくのです すぐにカミソリを当てられると思っていたのに・・・
「祥子さんが一度も経験がないというのはわかりますよ このしなやかな毛先・・・そして長さ・・・まるで祥子さんの髪を愛でているときと同じ感触です」
「いや・・ん・・」 決して露にすることのない・・・漆黒の茂みのことを男性の口で論評されてしまうなんてあまりに恥ずかしすぎます
「僕はね 祥子さんの髪が大好きなんです 細くて・柔らかいその手触りが だからもう一つのヘアをこうして任せてもらえるなんて何よりも喜びなんですよ」
「・・ゃぁ・・」
「ありがとう 望月くん」 鋏の音が止まると同時に石塚さんの手にはクラシックなシェービングブラシのセットが渡されていたのです
穴熊の毛を使った・・オークと真鍮づくりの・・美しく・・そして淫らな目的の為の道具
カチ・・カチ・・と真鍮のカップに当たるブラシの柄の音に合わせるようにきめ細やかなソープの泡が出来上がってゆきます
「お洒落な道具じゃないか 石塚 君はシェーバー派だろう」 紳士のためのクラシックな嗜みの道具に美貴さんの目が注がれていました
「普段はな 朝は慌ただしいからどうしてもね でも、ここに来る時は急ぐことは何も無い チューダー様式の別荘でゆったりと朝風呂の時にはこんな道具にも凝ってみたくなるのさ」
「その気持ちは解らないでも無いですね」 山崎さんがおっとりと頷きます お二人の手はわたくしの腕と乳房を・・・セクシャルになりすぎないように彷徨っておりました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]