忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 2006 / 03
「祥子さんの剃毛用の道具にはぴったりだろう 品のない道具を使いたくはないからね」 きめ細やかな泡をたっぷりと載せたブラシを取り上げました
「あん・・・」 暖かな感触がわたくしの丘を覆ってゆきます
シャリ・・・シャリ・・・ 下腹の端からカミソリが当てられたのです
「動かないでください 繊細な場所ですから 決して傷つけたりしませんから」
チャプ・・チャプ・・・ 水音が・・・カミソリを洗う湯音がわたくしの足元でいたしました
シャリ・・シャリ・・ そしてまた剃毛が再開されるのです
 
「こんなところにほくろがあるのですね 祥子さん」 丘のちょうど右足寄りのところに・・・小さなほくろがあるのは気づいておりました でも普段は濃い茂みに隠されてどなたにも気づかれたことはありませんでした
「どれ・・・あぁかわいいほくろですね」 
「こんな風にしないとずっと知らないままでしたよ 祥子さんの身体にあるほくろのこと」
「おっしゃらないで・・・」 こんな風に羞恥を煽る言葉を口にされながらもお二人はカミソリが当てられてからはわたくしの肩に優しく手を添えてらっしゃったのです
わたくしの両手が自由だったなら・・・きっとその手を握りしめていてくださったことでしょう
「・・ん・んん」 次に泡が載せられたのは・・・花びらの両脇です
シャリ・・シャリ・・・ 片手で押さえながら右の外側から剃り落してゆかれるのです
チャプ・・ャプ・・ フゥァ・・・ 柔らかい肌の部分は・・慎重に何度もカミソリを洗い・・泡を重ねてから刃を当ててゆきます
「望月くん ちょっと」 石塚さんは側でシェービングソープを用意していた望月さんを呼びます
小声でなにかを指示すると・・・わたくしの花びらを覆う丘を押し開く指が増えたのです
「・・や・・だめ」 複雑な場所を綺麗に剃り上げるために・・・望月さんの指までが添えられたのです
「動かないでください 祥子さん ここを傷つけたら今夜僕たちはどうしていいか解らなくなってしまう いいコにしてください」
花びらの際から・・・後の蕾まで・・・
他の方と比べたことがないのでわたくしには解らないのですが男性の方達の言葉を借りればきっと豊かなのでしょう 思いもしない場所にまで走る刃の感触に・・・普段の嗜みの無さを指摘されたような恥ずかしさに身も世もない思いをしておりました
「これで終わりです」 あたたかいお湯で絞られたタオルを当てられて・・・いままでカミソリが走っていた場所を拭われたのです
「きれいですよ 祥子さん まるで蘭の花を見ているようですよ」 息を詰めた様にして剃毛を続けていた石塚さんがわたくしの花園をこんな言葉で形容するのです
トレイ一杯の様々な道具を望月くんが持ち去った後でわたくしの左右にいらしたお二人がわたくしの脚元に回られました
「ふふ こんなにふっくらと高いんですね 祥子さんの丘は 気持ちいいはずです」 山崎さんの声はまるで彼のすべすべの手で触れたように・・・剃り上げられたばかりの肌を撫でてゆきます
「ぁあ・・・おっしゃらないで・・・」
「これで本当に一点の汚れもな紅侘助のような姿になりましたね 緋色と白と・・・薄紅の花びらと ね」 わたくしの腰回りの湯文字を美貴さんが整えていました
「望月」
「はい」 カシャ・・・カシャ・・・ カメラを手に望月さんが戻っていらしたのです
「やめて・・・」 剃毛前の写真を撮られているのです 初剃毛後のお写真もやはり・・・撮られてしまうんです
「もう 蜜を浮かべてますね 祥子さん 写真に撮られるのは感じますか?」
「いやぁっ・・・違います」 露にされた花びらはもうほんの少しの変化も隠すことが出来なくなっていたのです
チィィ・・・カシャ・・ 「だめぇっ・・」
「こうして拡大した写真にすると本当に蜜を溜めた蘭の花みたいですね」 やはりあの音は望遠機能を使われたことだったのです ほんとうに綺麗な薄紅だと山崎さんは恥ずかしいひと言を付け加えるのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
いつもありがとうございます
おかげさまでここまで参りました
桜草様にはFC2の方も可愛がっていただいていて
とても嬉しいです
これからもよろしくお願い申し上げます
3月29日 8:39
祥子 2006/08/28(Mon)16:03:32 編集
祥子様
80000アクセスおめでとうございます。
これからも楽しみに毎日訪問いたします。

それにつけ・・・小ぶりで綺麗な紅侘助のような姿・・・・
目にしたいものです。宜しいでしょうか?

望遠で拡大した写真まで撮られてしまったのですね?
ほら・・・蜜が溢れてますよ



3月28日 21:06
桜草 2006/08/28(Mon)16:03:09 編集
80000アクセス
おはようございます
ご挨拶が遅れてしまいましたが
昨日80000アクセスを達成させていただきました
皆様に可愛がっていただいたおかげでございます
引っ越し先のFC2も沢山の方にいらしていただいております

本当にありがとうございます
これからもよろしくお願いいたします
3月28日 8:39
祥子 2006/08/28(Mon)16:02:42 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]