忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 2006 / 04
「祥子さま 」 立ったままのわたくしの太ももの狭間に彼の唇が触れ露になった花びらへの小高い入り口を彼の舌が割ってゆくのです
「・・ぁぁあっ・・ん・・」 熱を持った舌先はすぐに真珠をとらえ・・シャワーで流されたばかりの花びらにもう一度蜜を呼び出したのです
「だめぇ望月さん・・・わたくしでは逝ってくださらなかったのに・・・」
「祥子様の花びら餅美味しいです まだ誰も触れていない・・子供のころに帰ったここ・・最初に・・・私の愛撫で・・・逝ってください 私に最初の蜜を飲ませてください」 彼の唇が・・・わたくしの丘をくじり・・・直接に真珠を・・花びらを吸い立てるのです
「ぁああぁ・・ん・・だ・・め・・もちづき・・さぁ・・ん・・・いっちゃ・・うぅぅ」 両手で彼の頭に縋るようにして わたくしは逝き果ててしまったのです
 
「申し訳ございません 祥子様」 くったりと力なくくずおれたわたくしにもう一度シャワーを掛けて・・・そしてまた浴槽へと誘ったのです
「ありがとうございます うれしかった」 わたくしはなんの抵抗もなく 彼に抱かれる様にして浴槽に身を沈めました 望月さんはつい先ほどまでわたくしの花びらを嬲っていた唇でわたくしの耳朶へのキスを繰り返すのです
「いぢわる・・・」 大人になってはじめてはしたない姿にされた場所を・・・他の誰でもない 望月さんに最初に可愛がっていただけたのは嬉しかったのです でも その時の身も世もない乱れ方が恥ずかしくてわたくしは拗ねてみせるしかなかったのです
「その濡れた瞳であれをお召しいただいたらきっととてもお似合いです」 美肌の湯だと説明された温泉を柔らかなガーゼに含ませると頬を染めたわたくしの顔をゆっくりと拭ってくださったのです
「温泉で上気した頬とふっくらとした唇 祥子様は素顔のままが一番そそります」 ちゅ・・・啄むような小鳥のキスを唇に降らせるのです でもそれはもう先ほどまでの欲情にまみれた行為ではありませんでした
「みなさんが待ちくたびれてしまいそうです さぁ・・・上がりましょう」 わたくしを抱えて浴槽を出ると扉の外のバスタオルを広げわたくしの身体の水滴を優しく拭ってくださったのです
 
胸元にバスタオルを巻き付けるとわたくしを鏡の前に座らせました
先ほどまで着ていたものは足袋に至るまで全て片付けられておりました
望月さんは手早くお召し物を身に着けるとあの乱れ箱を手元に引き寄せられたのです
上を覆っていた薄紅のちりめんを取り去ると その下にあったのは・・・堆い純白のレースでした
望月さんはわたくしの髪を梳りポニーテールを作る位置で一つにまとめ 左手で乱れ箱から取り上げた一片のレースで結び止めたのです
たっぷりとした巾のレースは肩先まで垂れてわたくしに白のベールを付けたような彩りを見せました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
こんな風に望月さんに愛されることになるなんて
おもいもしなかった事です

次の装いは山崎さんがご用意くださるようです
上品なあの方がご用意くださる衣装で
わたくしはどんな責めをされてしまうのでしょうか
4月3日 8:33
祥子 2006/08/28(Mon)16:07:50 編集
祥子様
昨日と今日自分の名前のところに「桜草」って入れなくて
ごめんなさい。

4月2日 9:34
桜草 2006/08/28(Mon)16:07:22 編集
祥子様
子供に戻った部分を最初に愛されたのが・・・そして祥子様が逝かれたのが
望月様でよかった

今回望月様がどのようなお召し物をご用意されているのか
とても気になります

白いレースで髪をまとめて・・・このあとの装いが早く知りたいものです
4月2日 9:32
お客様 2006/08/28(Mon)16:07:00 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]