忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 2006 / 04
「シルクとパールをこんなにふんだんに使ったマリエはなかなかに着こなせるものではありませんよ それに・・・今夜の祥子さんのようでないと」 美貴さんがドレスの裾を引き上げたのです
「きゃぁ・・」「こんな風に美しく着こなしていただけませんからね」
生まれた時のままにすべすべにされた太もものあわいをレースの額縁の中に晒すのです
「やめてください」 ふんだんにレースを使ったドレスの裾を両手で押さえました。
「手織りの繊細なレースなのです その肌を透かす隙間の多さが上質なレースの証です ほらこんな風に」 レースの解説をするように裾を押さえるために前屈みになったわたくしのレースの隙間に覗く鴇色の先端に触れるのです
「ぁん・・だめ」 とっさに身を引いたわたくしの両手を石塚さんが後で捉えました
「そう あの茂みがあったら ここから黒いヘアがもじゃもじゃと見えてたんですよきっと」 下品な言葉でわたくしを辱めるのです
「本当でしたらサテンのインナードレスと共にお召しいただくのですが 今夜はせっかくですからね 祥子さんのミルクを溶かした白い素肌に直接纏っていただいたのです
「ぃやぁ・・」
「さっき僕がきれいに剃り上げたから いまは言われなければわかりませんよ ほら鏡の中の祥子さんの姿を見て下さい とっても似合う」 両手を後ろ手に掴まれたわたくしの姿を大柄な石塚さんは肩越しに満足げに見つめるのです

「もうすこし祥子さんがお淑やかでいてくださればいいのに」 左から美貴さんが、右から山崎さんが・・・レースごしの乳首を嬲るのです
「ここをこんなにしなければ、きっと誰にもわかりませんよ」
「あぁん・・・やめて・・・」 石塚さんの手で反り身にされて・・・レースに囚われてたゆゆ・・ん・・と揺れる乳房に8つの視線が集まっていることははっきりとわかります
「ランジェリーが祥子さんを綺麗に見せるのはわかっていましたが こうして何もお召しにならない身体にレースを1枚というのも本当にそそりますね」 美貴さんと山崎さんの指は明らかに淫らな意志を持っていました 
このドレスがそれだけの価値のあるものでなかったら・・・とっくに口戯へと切り替えていたことでしょう わたくしがいずれ愛する人と出逢った時にこれを着て式をと仰った言葉も本気のようでした
「ん・・んぁ・・・」 後に立ってらした山崎さんの腰の昂りが触れたと思った瞬間に彼の人差し指がわたくしの唇に差し入れられたのです
「ちゅ・・くぅ・・」 口づけではなく男性の指をまるで性戯のようにねぶる行為を強いるのです
「だめだよ 眼をつぶっちゃ ちゃんと自分の姿を正面の鏡で見てごらん 僕たちも鏡の祥子さんを見つめてるんだから」 背中から石塚さんの声が響きます
「・・ゃ・・くちゅ・・」 口戯をはじめるなり閉じていた瞳を開けると・・・そこには純白のウエディングドレスのままで3人の花婿に嬲られ始めた花嫁の姿があったのです ベールさえ外さず・・サテンのミュールを脱ぐことも許されないままにそのまま贄として貪られる純白の女
「・・ん・・ちゃぷ・・」 美貴さんと山崎さんの指先は繊細に既に知り尽くしているわたくしの淫楽の芽を嬲り続けていました 時折レースごとGカップの乳房を握りつぶすようにして痛みと快楽を同時に与えさえするのです
「・・んん・・ぁぁあ・・」 石塚さんの指を次々に含まされながらもわたくしの身体は快感に・・繊細なレースの中で腰を幾度ももじつかせ ぴくん・・と身体を反応させ続けてしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
この4人の方達は、基本的にはノーマルな方なのです。
複数の行為については・・・石塚さんが二人を好奇心で誘った
特定のサークルなどで経験があったようです。
たまたま縄の技術を望月さんが持っているので縛めましたが
そうでなければあんなこともしなかったでしょう。
それでも心と身体を縛めたい時・・・
この方は優雅な衣装を用意したくなったのでしょうね。

4月10日 9:59
祥子 2006/08/28(Mon)16:09:54 編集
無題
衣裳はときとして、女を縛る縄にも鎖にもなるのでしょうか。
優雅な装いに秘められた淫靡な意図。
軽やかな束縛は、男の目線をいっそう好奇に誘うのかも。
それは包み隠しているはずの柔肌のみずみずしさに、
衣裳が嫉妬するからなのかも知れないですね・・・
4月8日 22:28
柏木 2006/08/28(Mon)16:09:37 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]