忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 2006 / 04
「これをどうぞ」 足元に差し出されたのは白のサテンのミュールのような室内履きでした 3センチほどのヒールの付いた上品なものだったのです
「立っていただけますか」 差し出された手にすがってゆっくりとその場で立ち上がったのです
「失礼いたします」「あん・・」 望月さんはわたくしの胸元のバスタオルを取り去ったのです
「祥子様 こちらに」 次に脚元に広げられたのは夥しい白のレースでした
優雅な透ける白のリバーレース 輪の中に立ったわたくしはサテンのルームシューズごと足を踏み入れました
望月さんがゆるゆると身体の線にそってレースを引き上げてゆきます
それは足首までのロングドレスになっておりました
襟元はハイネックに袖は手首まである長袖のものですのに背中は肩甲骨の下まで開いているのです
ドレッシングルームの鏡越しに見えたのはまるでウエディングドレスのような美しい総レースのドレスだったのです
本来ならサテンのロングキャミソールをインナーに纏うもののはずです そうしなければ全てのランジェリーの存在を繊細な花柄を織り出したシルクのレースごしに晒してしまうからです
いまも本来ならエレガントなレースが・・・わたくしの身体を・・・何も身に纏っていない時以上に露な存在感を際立たせていたのです
辛うじてはしたない茂みがないことでもっとも恥ずかしい姿を晒すことはありませんでしたが・・・両の乳房の先端の鴇色の色味だけが羞恥の存在を主張するかのようでした
「失礼いたします」 後に回った望月さんはわたくしのヒップの谷のはじまるあたりのすぐ上の釦から順に一つづつ・・・繊細なくるみ釦と留めていったのです
肩甲骨の真下で逝ったん手を留めると今度は首にまわされたハイネックの襟の部分を留めてゆきます
右に回ると右手首の5つの釦を、次いで左手を取り上げて同様にきっちりと袖の釦を留めたのです

「この姿で過ごさなくてはならないの?」 鏡に向き直らされてほつれかけた髪を直す望月さんに改めて問いかけたのです
総レースの清楚なマリエ 花嫁のための清純で犯すべからざる美しい衣装はインナーに何も身に付けていないそれだけのことで淫らな責めの衣装へと趣きを変えておりました
「お綺麗です 祥子様 これは山崎様からのプレゼントです お気に召しましたか?」 確かにこの上なく上質なレースを使用した贅沢なドレスでした シルエットもわたくしの年齢に相応しく華美な装飾のないシンプルなものでした あちこちに施されたパールの刺繍も上品な光沢を際立たせていたのです きちんと本来の装い方をすれば・・・・
「・・・ええ」 ランジェリーとインナーのサテンドレスを欠いたいまの姿にわたくしは白いシャツが似合う望月さんへ戸惑いがちな答えを鏡越しに返しただけでした
「皆様がお待ちです 祥子様」 わたくしの手を取るとエスコートをするようにドレッシングルームの扉を開けて そしてリビングへともう一つの扉を開けたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]