忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 2006 / 04
「それじゃ 僕のを脱がせてもらおうかな」 石塚さんがわたくしの手を彼のシャツへと導きました
「祥子さんはこちらにいらしてください」 釦を外そうとしたわたくしは美貴さんの指示でベッドの上で膝立ちにさせられました
石塚さんはベッドサイドに立たれ わたくしはベッドの端に向かって・・・壁面の鏡に丁度横からの姿を晒すような体勢を取らされたのです
スプリングの効いたマットレスの上でわたくしは石塚さんのスタンドカラーのシャツの袖口の釦を外そうとした時です
 
「・・あっ・・だめ」 真っ白なまぁるい腰の谷間に・・・ローションが垂らされたのです

「祥子さんは石塚さんの服を脱がせてください 手を休めてはいけません」 わたくしの背後に立った美貴さんの指がローションのぬめりを載せて、密やかに奥にある蕾に触れたのです
「おねがい ゆるして・・・」 なにも纏うものもないままで鏡に映されながら男性の衣服を脱がせてゆかなくてはならないのです その上、後の蕾を嬲られながらなんて・・耐えられません
「僕たちは恥ずかしがりやなんです 着ていたものを脱いでしまったら祥子さんを愛撫しないではいられません だから脱がせてもらった順に祥子さんを可愛がってさしあげます」 やわらかく・・中指で・・・姫菊の皺をたどるように・・・
「あぁぁ・・・」 釦を外すどころではありません わたくしは石塚さんの手に縋る様に・・・掴まっていたのです
「早く石塚さんのシャツの釦を外してください 祥子さん 身体と同じに素直になったらいかがですか?」 幾度もローションをまぶして指を少しづつ・・・中心に沈めてゆきます
「あっ・・・あぁ だめ」 美貴さんがご一緒なのです いつかはこんな仕打ちに会うことは覚悟していました それでも皆さんが同時に愛してくださるお時間の中でのことだと思っていたのです
美貴さん以外の方のシャツの釦を外しながらなんて想像してもいなかったのです
ただでさえ 本来は性愛の対象ですらありえない排泄器官です 
じっと身を任せていても身悶えしてしまうほどの場所なのです
わたくしは石塚さんの手にすがるのが精一杯でした
 
「そうしていてもいいですが 祥子さん 全員を脱がせない限り祥子さんへの責めは終わらないだけです 明日の朝までだって いえ明日中でも4人で愛してあげます 帰るのを一日延ばせばいいだけですから」
「ああ 祥子さんとなら2日延ばしてもいいぞ 僕は4日に東京に居られればいいんだから」
「ええ うちの会社も4日が仕事始めです 明後日は取引先が挨拶に来ますが、父がいますからね いいですよ 祥子さんと過ごせるなら」
「ぁあ・・・だめぇぇ・・・」 視線の端で望月さんまでもが頷いているのです 美貴さんがここに居る以上 彼もここに居るのが仕事だからです
「皆こう言っていますよ 祥子さん それじゃあと2日滞在を伸ばしましょうか 望月 結城くんのいるホテルに電話して彼女の滞在もあと2日延ばす様に電話をしてくれ」 美貴さんはわたくしの身体に中指の第一関節までを埋め込んだままで望月さんにこんな指示までなさるのです
「・・だ・・めぇ・・いたし・・ますぅ・・」 この方達と過ごす時間が伸びることがいやなのではありません この方達にあと2日も責められ続けたら・・・わたくしは淫らに逝かされ続けて身も根も尽き果ててしまいそうだったからです
ようやく石塚さんの左手のカフスの釦を外しました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
この方達は・・・いくらでもわたくしを辱める術を見いだされるかのようです。
こんな風に愛撫をはじめられるとは思ってもおりませんでした。
美貴さんが望む行為をされるのには・・・お時間がかかるのはわかるのです。
でも・・・美貴さんだけで終わるはずもなく・・・

4月16日 8:37
祥子 2006/08/28(Mon)16:15:09 編集
無題
壁面の壁に映し出され、今度はアナルを愛されながら殿方の服を
脱がせるのですね?

本来は愛の対象でない排泄器官でしょうが、祥子様はもうしっかり感じていらっしゃる

望月様もが見ていらっしゃる前でそのようにされてそれでも感じる
そんな祥子様のお体・・・

男性だけに愛されるなんて・・・・

これから逝かされ続けるのでしょうね。あらゆる方法で・・・・・。
4月15日 18:24
桜草 2006/08/28(Mon)16:14:48 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]