忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20 2006 / 04
「祥子さんは決められないみたいですね 望月はどうしたい?」
「・・・」 わたくしの瞳を覗き込む望月さんは一瞬どちらも選べない様でした 
ここで4人でではなくこの場からわたくしを連れ去りたい・・・と彼の表情は語っていました
「どうした」
「いえ 私も祥子様に触れてもよろしいですか?」
「もちろんだよ」 山崎さんが舌先で捏ね回していた乳首から口を離して・・・口添えをしたのです
「ありがとうございます でしたら祥子様が逝かれるほうを選ばせていただきます」
「だぁ・・ぁあ・・め・ぇぇ・」 望月さんはベッドエンドに回り込み美貴さんの隣にポジションを占めると・・・右の乳首を含んだのです
「もう逝きそうなんだろう 愛液がどんどん濃くなってるからな」 花びら餅・・・剃毛されたばかりのわたくしの秘めた狭間を・・・を味わい続ける石塚さんまでもが辱めるために淫らな変化を言葉にするのです
「はぁぁ・・ぁぁ・・やぁ・・」
「そんなに締め付けたら指がおかしくなってしまいますよ」 美貴さんは3本の指の中程に改めてローションを垂らすと動きを早めたのです
「祥子様 逝ってください」 甘噛みとはもう言えないほどの強さでわたくしの左右の乳首が同時に責め上げられたのです
「あぁぁぁぁぁ・・ぃくぅぅ・・・」 4人の男性の指と唇で・・・わたくしはとうとう・・・達してしまったのです
 
「シャツを脱がせていただきます」 乳房から口を離すと望月さんはベッドサイドで白のシャツを無造作に脱ぎ捨てました
「もうぽっかりと口を開けてますよ 祥子さんのアナル」 美貴さんの指がゆっくりと引き抜かれました
「ぁぁ・・はぁぁぁ・・」
「いつもながら祥子さんは嗜みがいい」 長時間の指戯で手首までもローションでぬとぬとになった左手をタオルで拭います 白いタオルに茶の汚卑が付着することはありません 透明なローションはそのまま白い濁りだけを加えていただけでした
「やぁ・ぁぁ・・」 
「石塚さんそろそろ体勢を変えませんか?」
「あぁ そうだな 祥子さんの愛液で唇がふやけそうだ」 絶頂で力の抜けた膝のせいで彼の顔に落ちかけていた腰に手を掛けると持ち上げて・・・わたくしの身体を石塚さんの上から除けたのです
長く続いた淫らな脱衣ゲームの快楽でわたくしはベッドの上にくったりと伏せてしまったのです
 
「さて、お留守番のご褒美を祥子さんに頂かなくてはなりませんね」 いつの間にか山崎さんだけでなく美貴さんも石塚さんも・・・下着を取り去っていたのです
望月さんだけが白のパンツだけを身につけたままでした
「焦らされましたからね 祥子さんには さぁ こちらです」
手を引かれ わたくしはベッドエンドに頭を向けて獣の姿勢を取らされたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
祥子様
そうでした・・・気づかずに申し訳ございませんでした
100話目おめでとうございます

祥子様・・・
残念ながら複数の男性に同時に愛された経験はございません
ですが・・・今はそんな気分を味わせていただいております
祥子様の物語が素晴らしいということです

4月21日 21:48
桜草 2006/08/28(Mon)16:18:44 編集
100話目
<淑やかな彩>にお越しいただいてありがとうございます。

こちらのブログをスタートしてはじめて
「初雪」は100話を超える物語になりました。
長い長い・・・淫らで切ない雪の別荘への旅
お楽しみいただけておりますでしょうか?
そろそろクライマックスへと急速により熱の高まるこの物語
いましばらくお付き合いくださいませ。

明日には、アクセス数も9万を超えそうです。
またあらためて、HAIREI様のイラストと共にご挨拶をさせていただきます。
4月21日 0:01
祥子 2006/08/28(Mon)16:18:16 編集
桜草様
桜草様はディープキスがお好きなのですね。
こんな風に沢山の男性に同時に愛されたご経験がおありなのでしょうか。
わたくしと共に・・・何度も何度も
ご覧になりながら逝ってしまわれているのではありませんか?
4月20日 23:56
祥子 2006/08/28(Mon)16:17:37 編集
祥子様
4人の方の責はこれで終わらないでしょうけど、逝ったご気分はいかがですか?
私なら祥子様の唇を舐めてそのまま舌を祥子様のお口の中に入れます。
きっともっと大きな波を経験出来るって思います。
4人の男性と一人の女性に責められてるようには思いませんか?

こうしてじっと見ている桜草がいるのですから・・・・
4月20日 20:51
桜草 2006/08/28(Mon)16:17:16 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]