忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16 2006 / 04
「もっと身体の力を抜いてください そんなに締め付けたら僕の指すら動かせなくなってしまいます」 姫菊の中に差し入れた指をゆっくりとまわすのです
「はぁ・・ぁぁ・・ん・・」 力を抜きたくても腰と指先に神経を分断されて わたくしは身体に自然と身体をこわばらせてしまいます
「石塚さん 祥子さんの身体を支えてあげてくれますか?」
「ああ」 両手のカフスを外したわたくしの身体を石塚さんは抱きしめるように包み込んでくださいました
夫の胸に抱かれたままで シャツの釦を一つづつはずしてゆく甘えた年若い妻のようにです
 
「ん・・くっ・・ゃぁ・・」 アナルの刺激でわたくしはもう幾度も身体をひくつかせておりました その度に乳房はたゆ・・ん・・と揺れ 翳りのない白い下腹も柔らかな太ももも微かに慄くのです
石塚さんの白いシャツの胴に擦られる乳首もくっきりと立ち上がったままでした
「なかなか釦が外せませんか?」 スタンドカラーのシャツは第一釦から7つ 全ての釦がきっちりと留めつけられておりました
「・・・はぁ・・い・・」
「助けてあげる訳にはいかないからな 頑張ってください 祥子さん でもいいんですよ ゆっくりしてくれても こうして僕の腕の中に祥子さんを抱きとめておけるならこんなシチュエーションもなかなかいいですからね」 がっしりとした体格の石塚さんはわたくしのことをびくともしないほどにしっかりと受け止めていてくださっていたのです
 
「・・もう・・少しです」 第三釦までを外し・・第四釦は少しかがまなくてはなりません
「・・あぅっ・・」 上体をかがめた途端に美貴さんの指が第二関節まで押し入れられたのがわかりました
「そう その姿勢のほうが僕はうれしいですよ 少しづつ柔かくなってきてますね 祥子さんのアナルも」 左手の中指を差し入れたままでまた少しローションを垂らすのです
「やさしく・・して・・おねがい・・」 わたくしの手は石塚さんのベルトに掛かっていました ピンをはずし・・・ウエストを緩め・・・
「はぁぁ・・っ・・だぁめ・ぇぇ・・」 美貴さんがゆっくりと中指を出し入れし始めたのです 一本だけの指とはいえ第一関節から根元までを・・・ゆっくりと・・奥まで押し入れた指先はわたくしの胎内をやさしく擦るのです
「もう少しですよ 祥子さん 美貴みたいにあなたの唇でしてもらえないのが残念だが僕のファスナーをその白い指で下ろしてください」 石塚さんの塊も次第に堅さを増しているのがわかります わたくしはスライダーを・・下ろしてゆきました
ばさぁ・・ 石塚さんのパンツが床に落ちます 片脚づつぬいた白のパンツは望月さんが受け取りハンガーに掛けています
わたくしは最後の2つのシャツの釦を外しました
「最後まで祥子さんの手でお願いしますよ」 わたくしに背を向けた石塚さんのシャツに手をかけました
「ぁあ・・ぁぁ・・」 4人の中でも一番背の高い石塚さんのシャツを脱がせるために身体を起こし少し伸びをし・・・緊張させたからだの奥の一点をそれでも美貴さんの指は広げるような動きを一時も止めてはくださらないのです
「よく出来ましたね 祥子さん」 わたくしの手の中のシャツを望月さんが取り上げると 石塚さんはわたくしに向き直って淫楽に歪む頬にキスをしてくださったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]