忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21 2006 / 04
「・・ん・・ぁ・・」 身体はまだ完全に力を取り戻していたわけではありません 
「ちゃんと手を突いて そうです」 パシっ・・・美貴さんのスパンキングが白いヒップに飛びます 
「ひぃっ・・・」 その力にもわたくしの身体は揺れました
「祥子さんにいまはその体勢は辛そうですね 僕が支えてあげますよ」 山崎さんはそう仰るとベッドに上がられたのです 
一度わたくしの身体を窓よりに押しやると 先ほどの石塚さんとは逆にベッドエンドに腰が来る様に横たわって・・・まるで69のように再びよろける身体を彼の上に導いたのです
「そうこれで辛くなったら僕の上に伏せてくれていいですからね」 掛けてくださる言葉は優しくとも・・・山崎さんはすぐにそのままわたくしの花びらにその口を近づけていったのです
 
「あぁぁ・・・」
「しょうがないですね せっかく祥子さんを独り占めできると思っていたのに 後でお仕置きですよ」 パシッ・・ わたくしの腰にまたスパンキングを重ねたのです
「せっかく祥子さんが辛くない様に拡張したんです 元に戻らないうちに楽しませてもらいますよ」
にゅるぅ・・たっぷりとローションをまぶした美貴さんのあまり太くない先端が先ほどまで3本の指を飲み込んでいたアナルに・・・入り込んでくるのです
「ぁ・・ぁぁぁ・・ぁぁあああ」
「そう 息を吐いて力を抜くんです ん これでかりまですっぽり納まりましたよ」 美貴さんの塊はこの方達の中で最も長く先が細くめです 姫菊を犯すためにあるかのような形状なのです でもそれは先端だけのこと中程からは次第に太くなって先ほどの言葉のように指3本以上の圧迫感をもたらすのです
「ゃぁ・・ぁ・・だめ・・ぇぇぇ」 アナルを犯されるときわたくしの喘ぎはオクターブ高く響きます 意識をしているのではなく身体が自然と絞り出させる・・・そんな声なのです
事前にどれだけ拡張されていても 本来はただの排泄器官である場所を みしみしと引き延ばされてゆく秘めやかな蕾への恐怖感をなくすことはできません 
その慄きを山崎さんの真珠への甘やかな口戯が和らげてくださるのです
 
「祥子さん 顔を上げてください 何の為にこの姿勢にしたと思っているのですか」 腰に添えていた左手を伸ばすとポニーテールに結われた髪を引くのです
「ぁあ・・っ・・いやぁぁ・・・」 アナルを美貴さんの塊で犯され、先ほどまで石塚さんがねぶっていた花びら餅を今度は山崎さんにしゃぶりつくされているのです
身奥の感覚に全ての意識を蹂躙されているわたくしの視野は焦点を結んではいなかったのです 
「ゆるし・て・・・ぇぇ・・」 目の前に広がる淫媚な曼荼羅が自らの姿だと気づいたとき、はしたないことにわたくしは自分でもわかるほどに・・しとどに愛液を漏らしたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
9万アクセスおめでとうございます。
10万になるときにはどのような絵を愉しませていただいているのでしょうか。^^
イラストも素敵です。
オトナの女性らしい気品を漂わせながら、乙女のように初々しくもある・・・
そんな風情が伝わってまいります。

>掻き立てるもの
人それぞれに、違うものなのだろうかと思うのですよ。
ミロのヴィーナスの周りをぐるりと一回りされたことはありますか?
違うアングルには違う魅惑がひそんでいます。
まして、おおぜいの瞳には。
写る魅惑もとりどりでしょうな。^^
4月23日 8:00
柏木 2006/08/28(Mon)16:20:56 編集
90000アクセス
ご挨拶と御礼が遅くなり申し訳ございませんでした。
一昨日の午後近く・・・90000アクセス目のお客様にお越しいただきました。
これも皆様に可愛がっていただいたおかげでございます。
誠にありがとうございました。
HAIREI様よりいただいたイラストも先にアップさせていただきました。

これからは………
一日も早く、記念すべき10万アクセスを迎えられる様に
楽しんでいただける物語をお届け出来るように精進する所存でございます。
これからもよろしくお願い申し上げます。
4月23日 6:32
祥子 2006/08/28(Mon)16:20:20 編集
柏木様
紳士の柏木様でもスパンキングには感じるところがおありなのですね。
でしたら他の方がこれほどまでに執着なさるのも
致し方のないことなのかもしれませんね。
男性を掻き立てるのは音なのか艶なのかそれとも
スパンキングとともに溢れ出す香りなのか・・・・いかがなのでしょうか。
4月23日 0:42
祥子 2006/08/28(Mon)16:19:49 編集
無題
スパンキングについてはしろーとなのですが。
まともに平手が貼りついたときの、ぱしい・・・っ!という音は、なかなか聞き応えがありますな。^^
べつだんSではなくとも、すきっとするものがあります。
特にお肌が白いと、雪に落ちた紅葉のように・・・
おっと、
少しワルノリでしたかな?^^
4月21日 22:40
柏木 2006/08/28(Mon)16:19:22 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]