忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
75 74 73 72 71 70 69 68 67 66 65
30 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

19 2005 / 09
後部座席のわたくしたちに対する運転手の強烈な意識を感じて わたくしはグレーのゼニアのスーツの肩を押し戻しました
 
都心を出てから約2時間 窓の外の空気は車内の男性たちの熱い思いとは反対にわずかに冷えていました
湯本から七曲がりへ向かう道を右へ下ったところにその瀟酒な宿はありました
贅沢な平屋づくりの建物は春には花が見事だろうと思わせる桜の樹々の間に離れのようにいくつか点在していました
4組も泊まれば満室になってしまうかのような贅沢なつくりの宿は、いまは紅く色づく紅葉の桜葉に彩られていました
 
車が止まったのはフロント機能を持つ本館の前でした
「いらっしゃいませ お待ちしておりました」 上品な女将がひとりでわたくしたちを迎えてくれます
「お世話になります」 言葉すくなに挨拶する男性は上客の常連なのでしょう
「よろしくおねがいいたします」 宿泊するというのにハンドバッグ一つのわたくしに不審な目を向けることもなく 「どうぞごゆっくり・・・」と微笑みかけてくれるのです
 
「さ、こちらです」 女将が案内してくれたのは渓流の音が聞こえる最も奥まった離れでした
「今夜はこちら一つでよろしいのですね」 いつもは運転手用の控えの部屋もお願いするのでしょう
「ええ、食事もこちらにお願いします」 男性はそう答えて座卓の置かれた部屋でジャケットを脱ぎました
「お預かりいたします お客様もどうぞ・・・」 女将に声を掛けられて、わたくしも黒のジャケットの釦を外しました
「女性の方にこうしていただくのって不思議な感じですね」 ふふふ 女将がわたくしの背中で華やかな笑い声をたてるのです
「お客様はおもてになるんですね きっと」 そういいながら引き戸になったクローゼットを開けてジャケットを仕舞うのです
「そうなんですよ 女将 この人はとても魅力的なんでね」 わたくしに座卓の向かいを指し示しながら男性までがそのように言うのです
「あらあら・・・わたくしはお邪魔みたいですね 本当でしたらお部屋をご案内するところですが」 そういいながら女将は座卓の上の茶器を優雅に扱い、熱いお茶を入れてくださいました
「こちらさまが十分にご存知ですので お判りにならないことがございましたらフロントまでお電話くださいませ」 畳に三つ指を突き深く一礼をすると、女将は衣擦れの音をさせて離れを去ってゆきました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おはようございます
めいさん おはようございます
もう一つのコメントと合わせてこんなお時間までお読みいただけるなんて
ほんとうにありがとうございました

寝不足は大丈夫でしょうか?
それと・・・蝉時雨の庭の7・8は見つけていただけましたでしょうか

めいさんのような大人の女性に喜んでいただけるなんて
とてもうれしいです
どうぞまた 睡眠不足を解消なさったらお越しになってくださいませ


柏木さん 続いてのコメントありがとうございます
そうですね わたくしは「お姫様輪姦」なんて呼ばせていただいております
お付き合いをさせていただくにしてもどなたかお一人と・・・と願っているのですが
いつもその場の男性の方たちのお話がつかないようなのです
そういえば、このところのお話は・・・何人かの方とのことばかりでしたわね
おはずかしい限りです
9月20日 9:45
祥子 URL 2006/08/06(Sun)14:02:23 編集
無題
2日がかりで…読みました…
もうちょっと、楽しみながら読めばよかったな~って…ちょっと後悔…
でも何度でも楽しめそうだから…
羞恥、言葉責め、露出…
私のドキドキはもう頂点に達しそう…
こんな素敵な文章を書く祥子さんに見て貰うのは恥ずかしいんですけれども…
私のブログの「妄想部屋」は、短編ばかりなんですが、
読んでみてもらえたら…なんて思ってます…

私自身は…
もうすっかり祥子ワールドに引き込まれちゃってます^^
ちょっと、抜けられそうもなさそう~~~^^;
9月20日 5:57
めい URL 2006/08/06(Sun)14:01:29 編集
無題
輪姦、という言葉にしてしまうとちょっとクリミナルで、マガマガしい行為を連想しがちですが。
複数の男性がひとりの女性を代わる代わる愛し抜く・・・
ということは、「モテる女性」の特権なのかも。
男たちは先を争うようにして女性にかしずき、優しい言葉責めでほどよく酔わせ、
そしてさいごに淫らに堕とし、辱め抜いていくのでしょうか。
9月20日 0:23
柏木 2006/08/06(Sun)14:00:17 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]