忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あぁ・・ゆうや・・だめぇぇぇ」 振り落とされない様にわたくしは望月さんの首筋に手を回し・・・彼の口元に・・・真っ白くたゆんと揺れる乳房を・・くっきりと立ち上がった鴇色の乳首を差し出して・・・耐えるしかなかったのです。
「逃げちゃだめです。」 望月さんの腕が彼の抽送から逃れようと浮き上がるわたくしの肩をぐいと押し下げ、揺れることがけしからんとでも言う様に・・・ひときわ大きく立ち上がってしまった左の乳首をきつく吸い立てるのです。
「いぃぃぃ・・・あたるのぉ・・・ゆ・うや・の・がぁぁ・・・おくまで・い・っぱぁぁいぃぃぃ」
「そう、もっとですか?」 再度・・下からの突き上げが繰り返されたのです。今度は逃げ場もなく・・・深く子宮にめり込むほどに・・・。
「ゆうやぁぁぁ・・・いくぅぅぅぅ・・・」 わたくしは、暖房が効いているとはいえ一月の午後のベッドの上で、腰にまとわりつかせたスリップを・・Tバックのパンティを・・・自らの汗でべっとりと貼り付かせて・・・望月さんの肩に・・落ちていったのです。

「逝きましたか?」 激しい腰の動きに、望月さんの息も荒くなっておりました。なのに・・わたくしの中の塊は、まだ昂ったままでした。
逝き果てて・・・締め付けるわたくしの蜜壷から押し出されることもなく・・・まるでそもそも1つのものだったのを無理に引き裂いたとでもいうように・・・ぴったりと納められておりました。
「ごめんな・さい・・わたくし・ばっか・り・・」 はぁはぁ・・と喘ぐほどに、対面座位で割り広げられたTバックを付けたままの無毛の丘は・・・全く愛撫を受けないままなのにぷっくりと敏感に姿を表した真珠を・・望月さんの茂みにこすりつけるのです。
ぴく・ん・・ わたくしの身体はその刺激に耐えることもできず、淫らな慄きを全身に走らせるのです。
「いいんです。こんなに何度も祥子さんに感じてもらえて嬉しいんです。」 引き寄せたベッドかバーで、冷えてゆくわたくしの背中の汗を望月さんは優しく拭ってくれます。
「でも・・・あんっ・・す・ごいのぉ・・」 ぴったりと抱き合ったままで腰を動かすこともなく・・ひくひくと、蜜壷の中の塊をひくつかせます。確かに、望月さんはいつもギリギリまで耐えて、わたくしを淫楽に溺れさせてからしか逝ってくださいません。それにしても・・・
「実は高坂SAで一度、自分でしてきたんです。そうじゃなかったら、こんなに耐えられません。」
「えっ・・・」
「バックミラーに映る祥子さんの寝姿が可愛くて、漂うあなたのフェロモンに我慢できなくて。僕の誘いに乗ってもらえるかどうかも自信がなかったから・・・してしまいました。」 ぐぅぅっ・・・男性にとっても恥ずかしいはずの告白をしながら、望月さんの塊はさきほどよりもまた一回り容積を高めたのです。
「それでも、ボクサーパンツをあんなに濡らすほどに昂ってしまうんです。あなたと居ると。」
「ぁん・・」 欲望を・・・どれほど激しいものなのかをわたくしの胎内にありありと示しながら、それを感じさせない優しい口づけでした。
「祥子さんが悪いんじゃないんです。わかってます、僕もふくめたあの方達を同時に受け止めてくれるのは祥子さんが優しいからだって。こんな風に、僕と二人きりで愛し合って・・・何度も何度も逝ってくれる祥子さんを、淫乱な娼婦のようにさせてしまうのは僕たちがいけないんです。」
望月さんはわたくしの腕を彼の首筋から解くと、またゆっくりと上体を仰向けに横たえてくださったのです。欲情と思慕の間で理性を保とうとする望月さんを一瞬でも疑ったことを後悔いたしました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様
あまりに率直でてらいのない望月さんの告白に、わたくしびっくりしてしまいました。
そして恥ずかしかったんです・・・そんなにはしたない寝姿を晒していたのかと思うと。
でも、こうして何度も何度も逝かせてくださる望月さんは本当に素敵ですわ。
祥子 URL 2006/10/11(Wed)11:59:50 編集
祥子様
望月さんは、切ないのでしょうね。
真っ直ぐで、優しすぎて、
祥子様のことを想えば想うほど、愛しくて苦しくて切なくてたまらない・・・。
もちろん、男性としての欲情もとまらない。
SAで、あらかじめご自分でなさるなんて・・・
祥子様、そういう望月さんもまた愛しいとお思いになりませんか?

りん 2006/10/11(Wed)10:52:24 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]