忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ぃやん・・・そんなふうに見たらだめ・・」 彼の視線に気付いて、いまさらですがわたくしは両腕で乳房を隠したのです。
「素敵な眺めでした。いえ、セクシャルな意味じゃなくてなんていうか神聖な感じすらして。なのに、そんなに恥じらってみせるから辱めたくなってしまう。」
望月さんは腕を伸ばして、乳房を押しつぶすほどに重ねたわたくしの手を掴んだのです。
「だめ・・」 わたくしは少しだけ抗いました。決して敵う訳がないのをわかっていて。
「祥子さんの腕じゃ、隠し切れていないですよ。ここも。」
「あん・・」 きゅっ・・望月さんの指先が乳房の下辺をつまみます。
「ここのまぁるいラインも男性を幻惑するのに充分なほど魅力的だって自覚してください。」 指摘された場所を庇おうと腕を下ろしてゆくと・・支えられ持ち上げられた形になったGカップは望月さんの眼の前にはしたなく昂ったままの乳首を晒してしまうのです。
「やぁ・・ん」 その一瞬を彼が逃す訳がありません。揃えた3本指先の腹で軽く撫でるのです。
「だから、無駄なんです。祥子さんの大きなバストをその腕で隠そうなんて。」 思わず漏れた喘ぎに、見下ろす彼から視線を逸らして腕の力を緩めたとたん、わたくしの両手は望月さんの手に絡めとられてしまいました。
「離して・・悠哉さん・・」
「もうこのままでいいんですか?」 望月さんの手がわたくしの両手を・・・昂ってひくひくと動く塊の上にあてがうのです。
「あん・・おっき・・ぃ」
「もう一枚脱がせてくれなくちゃいけないものがあるでしょう。」 わたくしの手だけをそのままにしてご自分はベッドに両手を突くのです。
腰を浮かせて、促すのです。ボクサーパンツを下ろすようにって。

そう・・・望月さんのことをいつもお若い方だとばかり思っていますが、それはご一緒にいらっしゃる方達と比べてのこと。
34歳だと言う彼は、充分に女性の扱いにも長けた大人なのです。
わたくしが出逢う前にも、もしかしたら今でも・・・彼を愛した女性は数多いるのかもしれません。
いつも、美貴さんや山崎さんや石塚さんに遠慮をして控えめにしている彼が、実はあの方たちにも劣らないテクニックの持ち主なのは・・・箱根の夜に存分に味あわされていたのですから。

わたくしは彼の手管に翻弄されて、ゆっくりと指先をボクサーパンツのウエストのゴムに掛けたのです。そのまま堅いヒップの丸みに沿わせる様に剥き下ろしても、前は大きく昂った塊にウエストが引っかかったままでした。
どうすればいいの? 無言のまま望月さんを見上げても、彼は優しく微笑むだけなんです。
視線を戻して・・・わたくしは塊の先端に隠れたようになったゴムに指をかけたのです。
「はぁぅ・・・」 跳ね上がり・彼の腹筋を打つように跳ね返る大きな・・・塊。わたくしに昂ってくださるその姿に、淫らなため息を吐いてしまいました。
「見とれてないで、ちゃんと脱がせてください。」
「あん、ごめんなさい。」 踵を上げて持ち上げた彼の太ももから、ボクサーパンツを引き下ろしてゆきます。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
本当に朝夕寒くなりましたね。
風邪をひいてしまったりしないように、気を付けてくださいませ。

どれほど下着に覆われた中で見て・確かめていても・・・眼の前に現れるあの生々しさは想像できないものですね。
自分の手で・・・眼の前で、というのはあまりないことなので。
とてもびっくりとしてしまいましたわ。
祥子 2006/10/09(Mon)13:55:35 編集
祥子様
もう夜は少し寒くなってきました。
お体ご自愛下さいね。

跳ね上がる大きな魂・・・
跪いて下着に手をかけて引き下ろすと熱く跳ね返ってる魂が目の前に現れてどきっとする瞬間ですね。
桜草 2006/10/08(Sun)18:40:26 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]